傑作ディズニーアニメーションを実写映画化した『アラジン』のマジックカーペットイベント5月16日、恵比寿ガーデンプレイスにて行われ、魔人ジーニー役のウィルスミス、音楽を担当した天才作曲家アラン・メンケン日本語吹替版キャスト中村倫也アラジン役)、山寺宏一(ジーニー役)、木下晴香(ジャスミン役)、北村一輝(ジャファー役)が出席した。

『アラジン』マジックカーペットイベント、その他の写真

本作は、不思議なランプを手に入れた若者が、愛する女性を守るために繰り広げる冒険を描いたディズニーアニメーションの名作を、『シャーロック・ホームズシリーズのガイ・リッチー監督で実写映画化。

Netflixの『ブライト』以来、約1年半ぶり15回目の来日をはたしたスミスレッドカーペットは約1000人の観客が集結したが、スミスサインや写真撮影にノリノリで応じ、手厚いファンサービスを見せる。メンケンや、中村、山寺らもスミスに負けず劣らずファンの声援に丁寧に対応すると、会場からは大歓声が上がる。

舞台をステージに移したスペシャルイベントでは、メンケンが劇中の名曲「ホールニューワールド」「フレンド・ライク・ミー」をピアノで奏でる。ファン美しい音色に酔いしれる中、スミスがメンケンのピアノボイスパーカッションの音を重ね登場する。実はこの演出は、舞台裏で急きょスミスの提案によって行われたもので、メンケンも驚いた表情を見せる。

奇跡のコラボが実現後、マーチングバンドダンサーたちと共に日本人ゲストも舞台に上がり「フレンド・ライク・ミー」を思い思いに歌うコーナーが展開。中村は、スミスに合わせて自らも軽快なステップを踏むと客席からは「倫也〜」という声も。

さらにスミスは、アニメ版『アラジン』と本作でもジーニーの声を担当する山寺に「一緒に歌おう」と提案。山寺は「歌いたいのですが、新しい英語版の歌詞を覚えていないんです」と残念そうにスミスを見つめるが、メンケンを引き連れ、半ば強引に「フレンド・ライク・ミー」をコラボすることに。山寺は苦笑いを浮かべながら歌を披露すると、スミスは「違う言語で声をやっていただいた方にお会いするのは珍しいことなので、機会をいただけて最高でした」と山寺との対面を喜んでいた。

スミスは「この映画にはマジックがあります。それは人々を幸せにする魔法です」と語ると「とても美しい映画ができたことを誇りに思っています。アニメの『アラジン』が好きな人も、新しいこの映画のファンになってほしいです」と会場に呼び掛けていた。

アラジン』は6月7日より全国公開となる。

山寺宏一とウィル・スミス