三浦春馬が主演を務め、共演に多部未華子原田泰造を迎える伊坂幸太郎原作の映画『アイネクライネナハトムジーク』より、予告編とポスターが解禁。予告編は、シンガーソングライター斉藤和義が手掛けた主題歌「小さな夜」にのせて、3度目のカップル共演となる三浦と多部が恋人同士を繊細に演じる姿が納められている。

【写真】はにかんだ笑顔でインタビューに答える多部未華子

 本作は、人気作家・伊坂幸太郎が手掛けた“初”にして“唯一”の恋愛小説集を映画化したラブストーリー不器用ながらも愛すべき人々のめぐり会いの連鎖を10年にわたり描く。伊坂から「映像化するなら彼しかいない」と熱烈なラブコールを受けてメガホンをとるのは、恋愛群像劇の旗手と称される今泉力哉監督。かねてより伊坂と交流がある斉藤が、物語のキーとなる主題歌「小さな夜」と劇中音楽を担当している。

 仙台駅前。大型ビジョンには、日本人ボクシング世界王座をかけたタイトルマッチに沸く人々が集まっている。そんな中、街頭アンケートに立つ会社員・佐藤(三浦)の耳に、ふとギター弾き語りが響く。歌に聴き入る紗季(多部)と目が合い思わず声をかけると、紗季は快くアンケートに応える。二人の小さな出会いは、妻と娘に出て行かれ途方にくれる佐藤の上司・藤間(原田)や、分不相応な美人妻・由美(森絵梨佳)と可愛い娘を持つ佐藤の親友・織田一真(矢本悠馬)、その娘の同級生家族、美人妻の友人で声しか知らない男に恋する美容師・美奈子(貫地谷しほり)らを巻き込み、10年の時をかけて奇跡のような瞬間を呼び起こす―。

 予告編は、「それはつまり、ダメってことだよね…。オレたちもう、10年付き合ってるんだよ」「10年付き合ったら結婚するもの?」という佐藤と紗季の雲行き怪しい会話の場面から始まり、2人の出会いの様子が描かれていく。途中で佐藤の親友・織田とその美人妻の由美の幸せそうな姿、美容師の美奈子が電話の相手に「今のままが居心地がいいというか…」とつぶやき悩む姿、妻に逃げられた佐藤の上司・藤間が、ショックを受けながらも妻との出会いを振り返り佐藤に「彼女でよかった」と伝える場面なども挟み込まれる。斉藤の爽やか主題歌にのせて、“それぞれの10年間”が絡み合い、佐藤と紗季の恋が何か動き出しそうな予感を感じさせる予告編となっている。

 ポスターは、佐藤と紗季の2人を軸に、キャスト陣がそれぞれ豊かな表情を見せている姿を配置したもの。オール仙台、宮城ロケで撮影が行われた本作には、仙台出身のお笑いコンビサンドウィッチマンも登場しており、ポスターでは彼らの姿も確認することができる。

 映画『アイネクライネナハトムジーク』は9月全国公開。

『アイネクライネナハトムジーク』ポスタービジュアル(C)2019 映画「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会