(※画像は全て東京都交通局の公式リリースから)

東京都交通局は「2019路面電車の日」記念イベントを開催します。

開催日は6月9日(日)、車両撮影会や車庫内見学会、東京さくらトラム(都電荒川線)の新作グッズ先行販売や鉄道部品販売など多彩な催しを予定しています。

日時

令和元年6月9日(日)
10:00~13:00(雨天決行・荒天中止)
※最終入場時間は12時45分といたします。

会場

荒川電車営業所 荒川区西尾久8-33-7
東京さくらトラム(都電荒川線)「荒川車庫前」下車すぐ
【注】会場には駐車場、駐輪場はありません。ご来場の際は東京さくらトラム (都電荒川線)をご利用ください。

イベント内容

(1)車両撮影会
保存車両の6086号車及び、8810号車の、黄色い都電が2両並びます。(※都合により車両が変更となる場合がございます)

(2)車庫内見学
職員手作りの8000形車両モックアップの展示、模擬装置の操作体験、各種部品の展示をご覧ください。

(3)とあらん撮影会(雨天中止)
東京さくらトラム(都電荒川線マスコットキャラクターの「とあらん」が登場します。

(4)物品販売およびPRブース

・都電コーナー
都電オリジナルグッズを販売します。新作グッズの先行販売も行いますが、新作グッズ売り切れの際は翌日からの一般販売は行いません。

・鉄道部品の販売
駅名標や旧車内路線図等の販売をします。抽選販売を行うものについては、当日12時までに会場内鉄道部品販売ブースへ。

都バスコーナー
銚子電鉄ひたちなか海浜鉄道、路娘モーションPRコーナー
・地域PRコーナーおよび沿線商店等による物品販売コーナー

(5)保守作業者の展示及び踏切遮断機の動作実演

架線点検で使用する作業車(軌陸両用架線作業車)の展示と、踏切遮断機の動作実演を行います。

(6)保線業務の疑似体験【事前応募制、1組2名まで応募可】

レールとまくらぎを一体化している「締結装置」を、工具を使用して分解し、再度組み立てる体験をします。体験開始時間は①10:15~、②10:45~、③11:15~、④11:45~、⑤12:15~、各回9組、合計45組募集。応募者多数の場合は抽選。
(※応募方法は本記事下部にございます東京都交通局リリースにてご確認ください。5月27日までにハガキにて応募が必要です)

(7)切り絵の展示
故・稲葉祐吉先生の切り絵作品を中心に、都電おもいで広場の7504号車内に展示します。

(8)鉄道模型の展示
鉄道模型を趣味とする人の集まりである「のぞみ会」会長であった故・伊藤信男さん作製の都電模型を展示します。

(9)路面電車の日記念ヘッドマーク付き車両の運行
令和元年5月25日(土)から6月8日(土)まで、路面電車の日記念ヘッドマークを付けた車両(8810号車)を運行いたします。また、イベント当日は、ヘッドマークを車両に付けて会場内に展示します。※都合により車両が変更となる場合がございます。

(10)三ノ輪橋おもいで館限定グッズの販売
令和元年6月9日(日)から、三ノ輪橋おもいで館にて限定グッズを販売します。
販売数に限りがありますので売り切れの際はご了承ください。

各項目の詳細および保線業務の模擬体験の応募方法については東京都交通局のウェブサイト(外部サイト)にてご確認ください。