今泉力哉監督の新作映画『アイネクライネナハトムジーク』の予告編とポスタービジュアルが公開された。

9月公開予定の同作は、伊坂幸太郎の恋愛小説集『アイネクライネナハトムジーク』が原作。主人公の佐藤と佐藤の恋人・紗季を軸に、佐藤の上司や親友、声しか知らない男に恋する美容師たちが織り成す物語を描く。佐藤役に三浦春馬、紗季役に多部未華子キャスティング主題歌と劇中音楽を斉藤和義が手掛けた。撮影は全編にわたって宮城・仙台で実施。

公開された予告編には、斉藤和義による主題歌“小さな夜”を使用。佐藤と紗季が「俺たちもう10年付き合ってるんだよ」「10年付き合ったら結婚するもの?」と会話する様子をはじめ、ギター弾き語りに耳を傾ける佐藤と紗季が初めて出会うシーン原田泰造演じる佐藤の上司が「最近ようやくわかってきたよ。カミさんが何故、家を出て行ったのか。でも、彼女で良かったよ」と語る様子、矢本悠馬演じる佐藤の親友の「出会い方とかそういうのはどうだっていいんだよ。あの時あそこで出会ったのが彼女で本当に良かった、って思うのがすごいことなんだよ」という言葉、佐藤が夜の街を駆け抜ける場面などが確認できる。

またポスタービジュアルには、佐藤と紗季の姿や、「あの時、あの場所で出会ったのが君で本当に良かった。」「“出会いがない”という全ての人へ 10年の時を越えてつながる、<恋>と<出会い>の物語」というコピーなどが写し出されている。

『アイネクライネナハトムジーク』ポスタービジュアル ©2019 映画「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会