ソニーと米マイクロソフトは、ゲームコンテンツストリーミングサービスで使うことを目的に、クラウド関連サービスの共同開発の検討を開始する。開発には、クラウドサービスを開発するためのプラットフォーム「Microsoft Azure」を活用する。

画像付きの記事はこちら



 両社は5月17日、販売・管理・運営などを全て自前で行うDirect to Consumer(D2C)のエンタテインメントプラットフォームと、AI関連サービス領域で、クラウドゲーミングサービスなどの新たな顧客体験を開発するため、パートナーシップに関する意向確認書を結んだ。

 ソニーと米マイクロソフトは、長年、ゲーム機メーカーの競合として勢力争いを続けてきた。しかし、昨今は中国のアリババテンセントが提供するスマートフォン向けゲームが台頭してきている。また、Googleクラウドゲーミングサービスへの参入を表明するなど、従来のゲーム機を前提としたビジネスから状況は変わりつつある。ソニーと米マイクロソフトは、独自にクラウドゲーミングサービスを強化してきたが、提携することで競争力を高める狙いだ。

 さらに両社は、半導体とAIの分野での協業も検討する。半導体分野では、新しいインテリジェントイメージセンサーの開発可能性を探る。ソニーの最先端のイメージセンサーマイクロソフトクラウド関連サービスを組み合わせて、法人向けにサービスを提供する。

 AI分野では、直感的でユーザーに寄り添ったAI体験を提供するために、マイクロソフトのAIプラットフォームとツールソニーのコンシューマ向け製品に採用するか検討する。

ソニーとマイクロソフトがクラウドゲーミングサービスで手を組む。写真は、ソニーの吉田憲一郎社長兼CEO(左)と、マイクロソフトのサティア ナデラCEO(右)