st-peters_pixabay

 昨年に引き続き、今年もバチカンで悪魔祓い師(エクソシスト)の訓練コースが開講された。5月6日~11日のことだ。

 これが意味するところは、世界的に悪魔が跳梁跋扈する情勢はいまだ改善されていないということである。原因として挙げられているのも、「タロットなどオカルトへの興味と安易な実践」そして「インターネットSNSによる伝播力」と、特に変化はない。

・関連記事:エクソシストの不足が深刻化し、バチカンが養成講座を開講

 だが、原因の追究と解析はともかく、対策については、バチカンは今年また新たな一歩を踏み出した。訓練コースカトリック以外の教派の聖職者も参加し、共に対応法を協議したのである。

―あわせて読みたい―

悪魔祓いはなぜ今日まで続いているのか?キリスト教におけるエクソシズムの歴史
エクソシストの不足が深刻化し、ヴァチカンが養成講座を開講
悪魔祓いは訓練されたエクソシストじゃないと大変なことに!?その成功例と失敗例
うちらの知っているヤツじゃない!エクソシストが明かす悪魔の姿とは?
カトリック教会ではエクソシスト(悪魔祓い師)の養成が不足している ー アイルランドの神父の主張

他教派に開かれた今年のエクソシスト養成コース

 「異なる教派が一堂に会してエクソシズムの経験について比較するのは今回が初めてです。これはお互いに助け合うためで、その意思があるなら、(エクソシズムの)実践に、より磨きをかけることができるでしょう」

 こう語るのは、会議の共催者の一人、ペドロ・バラホン・ムーニョス神父だ。

 「映画の『エクソシスト』や『ザ・ライト』に描かれるように、カトリック教会はエクソシズムと最も関係があります。ですが、エクソシズムを行う唯一の教会なのではありません。悪魔の追放は、キリスト教会の起源、その最も初期まで遡ることができるのです」

 そして今回、カトリックの他に、プロテスタントからルター派とペンテコステ派、東方教会からはギリシャ正教会の代表が、エクソシズムに関して協議するために集まったのだ。

priests_pixabay

コースで扱う内容は幅広い

 さて、このコースを他教派に対して開く目的の一つは、エクソシズムの実戦経験に焦点を当て、悪魔を追い払う方法のスタンダードを見つけ出すことにある。ムーニョス神父は、他教派の中には「より創造的で、既存の形式に則っていない」方法があるという。

 コースの中で、エクソシストたちは本当に悪魔に憑かれている場合を認知するための訓練を受ける。といっても、それは聖水をかけたり、十字架を振りかざすといった「絵になる」構図からはかけ離れている。

 訓練で取り扱われる分野は幅広い。神学、典礼学、教会法といったキリスト教的な事柄から、人類学や現象学、また、医学、神経科学、薬理学など、果ては犯罪学や法学上の内容までが含まれる。

crucifixus_pixabay

カトリックは内部からの反発を乗り越えられるのか

 また、予想されていたことではあるが、コースを他教派に対して開くことについては論争もあった。

 イタリアの引退した大司教ルイージ・ネグリ氏は、ルター派について「カトリックの文化の副産物」と呼び、「カトリック教会を社会から抹殺しようという卑しい試みを表象している」と述べた。

 ムーニョス神父はこの発言に対して、「(コースが開かれた)大学としても、私個人としても、このような神学的見地に与することはできない」と明言している。

 ちなみに、カトリックの教会法には、エクソシストは「敬虔で、知識を持ち、思慮分別があり、清廉にして高潔な生を生きる」司祭であるべし、と書かれているそうだ。

vatican_pixabay

 エキュメニズム(超教派主義)の方向へ新たな一歩を踏み出したカトリック教会だが、次の一歩を踏み出すことはできるだろうか。来年以降にも期待したい。

References: Mysterious Universe / The Tablet など / written by K.Y.K. / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52274369.html
 

こちらもオススメ!

―知るの紹介記事―

アレな生態系日常漫画「いぶかればいぶかろう」第40回:猫もいいけど犬もいい。飼い犬との思い出
「猫は完全室内飼い」「吠える犬は撤収し飼い主を処罰」西オーストラリア州で新たな法律の導入を検討
コカ・コーラがお酒を割るための特別なコーラ「シグネチャー・ミキサー」を販売開始(イギリス)
高強度コンクリートは熱で燃えることはないが爆発する。コンクリート爆裂の原因を特定(スイス研究)
おいしい紅茶を入れる人は魅力が増す。イギリスの最近研究で明らかに

超常現象・心霊についての記事―

海外で噂になっている10の都市伝説。実話に基づいたものはあるのか?
学生たちを恐怖に陥れる「呪われた絵」の正体は?(イギリス)
音から色を感じることができる「共感覚(シナスタジア)」は誰もが持っている能力なのかもしれない(米研究)
2082年からやってきたという自称「タイムトラベラー」が自ら撮影した恐竜の写真を公開
墓地の管理人や火葬場の職員が語る、10の背筋がゾクっとする怖い体験談
バチカンで開講されたエクソシスト養成講座。今年は他教派も参加OKとなり内部から反発の声も。