DJIは5月17日ドローン撮影で培った映像ブレ補正技術と、防塵性能、耐衝撃性、防水性を備えたハンドヘルドカメラ「OSMO ACTION」を発売した。氷点下でも動作する。税込の販売価格は4万4820円。DJI公式オンラインストア、DJI認証ストア、DJI正規販売代理店、特約販売店で販売する。

画像付きの記事はこちら



 OSMO ACTIONは、10年以上にわたる3軸メカニカルジンバルの開発経験を生かした、電子式映像ブレ補正(EIS)技術の「RockSteady」を搭載したDJI初のハンドヘルドカメラ。有効画素数は1200万画素で、最高画質の4K/60fpsで撮影する場合でも、EISと連携して滑らかな映像を撮影することができる。明暗差が激しい環境でも、4K/30fpsまでならHDR撮影に対応し、鮮明に撮影できる。

 前面と背面には、直射日光の下でも支障なく使用できる高輝度(750cd/m2)カラーディスプレイを搭載。前面ディスプレイは1.4インチで、セルフィーの撮影をサポートする。背面ディスプレイは2.25インチで、水分と指紋をはじくコーティングを施している。

 Action OSを搭載しており、電源を入れてすぐに録画を開始することができる。ビデオと写真の撮影モードボタンで切り替え可能。すぐに写真を撮りたいときは、SnapShot機能で電源を入れて、シャッターボタンを押すだけ。

 イメージセンサーには、1/2.3インチのCMOSイメージセンサーを採用。1200万画素、4K/60fps、最大100Mbpsの動画を撮影することができる。レンズキャップには、二層の指紋防止コーティングが施され、直射日光の下での撮影でも反射を低減する。

 撮影モードは、1080p/240fpsの8倍スローモーションと、1080p/120fpsの4倍スローモーションの撮影が可能な「スローモーション」、最大120秒の長時間露光を可能にする「カスタム露出設定」、「タイムラプス」の三つ。

 バッテリ駆動時間は、RockSteady有効時に4K/30fpsで録画した場合が93分、RockSteady無効時に1080p/30fpsで録画した場合が135分。マイクを搭載しており、声で操作することができる。

 「DJI Mimoアプリインストールしたスマートフォンなどのモバイル端末とWi-FiBluetoothで接続すると、カメラライブ映像、複数のストーリーテンプレートアプリクイック編集などの機能が利用できる。また、カメラフレームキットや、2種類の接着式マウント(カーヴマウントフラットマウント)といったアクセサリが付属する。

 このほか、防水ケースや3.5mmアダプター、延長ロッド、フローティングハンドルフィルター、充電ハブなどのアクセサリも別売りしている。

あらゆる環境でブレを抑えた動画を撮影できるハンドヘルドカメラ「OSMO ACTION」