slothwaves4_640

ナマケモノ」っていう生き物のこの名前って、まじめに考えるとひどくない?って思うレベルでひどいけど、あのスローモーな動きを目の当たりにすると仕方ないかな、とも思えてしまう。

 いやね、実際に怠けてるわけじゃないのは重々わかってるしさ、見てるとこの名前ごと可愛いじゃんって思えてくるんだよね。

 そんなナマケモノ氏であるが、ペースの違う人間社会に現れた時なんかは、お互いにとって少々困ったことになったりする。例えばこんな状況とか……。



Sloth waves and smiles to man that helps him cross the street

 車の行きかう道路の上で、へたり込んでいるナマケモノがいた。道路を渡る途中なのか、それとも途中でくたびれてしまったのかは定かではないが、とにかく危ないよ!ということで、通りすがりの男性がよっこらしょっと抱き上げて……。

slothwaves1_640

 スタスタと道路わきの藪に連れて行ったよ。
slothwaves2_640

「ほれ、ここでいいか?」と、手頃な木まで連れて行ってあげる通りすがりの人。
slothwaves3_640

 すると、なんということでしょう! ナマケモノってばゆっくりとこちらを見て、ゆっくりと手を振って、ニッコリ笑ってから木の上へと去って行ったんだ。

slothwaves6_640

 いや、お礼を言うなら撮影者さんじゃなくて、助けてくれたおっちゃんにだと思うんだけど、それともあれ? ファンサービスってヤツ?

 この動画が公開されると、ネット上ではいろいろな議論が沸き起こっていた。海外のネット民のコメントをいくつか拾ってみると、

・確認するけど、つまりこのナマケモノは、カメラに向かって微笑んで手を振ったんだな?
ナマケモノペースで、そういうことだ
・素朴な疑問だけど、こんな動きでどうして絶滅しないんだろう?
・まあ、基本的に木の上で暮らしているからな
・感謝のあまり泣きそうになってるようにも見える
・他の生き物たちも、こいつらのこと可愛いと思ってんのか?
・こいつら臭いから寄ってこないよ
・ブーッ! それは嘘。ナマケモノは実は臭くない
・このナマケモノ、何が起こったかわかってなさそう
・どうして一瞬で道路から木の上に移動したんだろう、ま、いっか、ってか?

 ナマケモノについてもっと知りたくなったというお友だちは、カラパイアのこの記事なんかも読んでみてね!

written by ruichan

※この記事はカラパイアの姉妹サイトマランダーから転送したものです。マランダーで前日一番人気の高かった記事を、後日カラパイアの紙面上で紹介しています。

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52274440.html
 

こちらもオススメ!

―動物・鳥類についての記事―

仲間の猫が交通事故に。その亡骸を入れた箱の前で悲しみの鳴き声を上げる猫
「猫は完全室内飼い」「吠える犬は撤収し飼い主を処罰」西オーストラリア州で新たな法律の導入を検討
その手を止めるな!子供たちがなでるのをやめると、ジェスチャーで猛アピールするキツネザル
人間の耳の中に巣をつくってきたクモ。病院で耳に水を流し込んだところ、トコトコと出てくる様子(※クモ出演中)
【R.I.P】その穏やかな性格で人々に愛されたラグドールのティモ、虹の橋を渡る

―動画の紹介記事―

仲間の猫が交通事故に。その亡骸を入れた箱の前で悲しみの鳴き声を上げる猫
その手を止めるな!子供たちがなでるのをやめると、ジェスチャーで猛アピールするキツネザル
人間の耳の中に巣をつくってきたクモ。病院で耳に水を流し込んだところ、トコトコと出てくる様子(※クモ出演中)
【R.I.P】その穏やかな性格で人々に愛されたラグドールのティモ、虹の橋を渡る
弥生時代から令和まで。アメリカの湿地帯で樹齢2624歳の木が発見される
「ほら、気をつけないとダメでしょ?」道路に迷い込んだナマケモノ、通行人に抱きかかえられ所定の位置に