阪神は一時逆転、西は7回まで1失点投球も…

■広島 10-2 阪神(17日・甲子園

 広島は17日、敵地・阪神戦に10-2で勝利し、5連勝を飾った。1点ビハインドの8回に菊池涼、バティスタの連続タイムリーで勝ち越し。終盤に試合をひっくり返し、9回に大量7点を奪った。阪神は一時逆転も2点どまり。西は8回3失点と力投したが、踏ん張れなかった。

 試合は序盤から西、広島先発・床田の投手戦に。先制したのは広島。2死からバティスタのヒット、鈴木の四球で一、二塁とチャンスを作ると、西川が先制タイムリーを放った。

 一方、阪神打線も6回に西の力投に応える。床田から1死満塁の好機を作ると、梅野がレフトタイムリー。さらに、続くマルテもレフトタイムリーを放ち、一気に逆転。床田をマウンドから引きずり下ろした。

 しかし、広島も終盤に打線が西をつかまえる。松山の四球と野間の内野安打で1死一、二塁として、菊池涼がレフトへ同点打。さらに、バティスタが勝ち越しタイムリーを放ち、再び試合をひっくり返した。

 8回はフランスアが無失点に抑えると、9回に菊池涼、バティスタ、鈴木の3連続タイムリーなど、四球を挟んで6連打で大量7得点。9回は菊池保が締めて5連勝を飾った。

 一方、阪神は競り負けて3連勝はならず。守屋が1死も取れずに5失点するなど9回に登板した救援陣が大量失点を喫して最後は大差となった。(Full-Count編集部)

広島・菊池涼介【写真:荒川祐史】