2017年に第一子を授かり、パパとなった、お笑いトリオロバート山本博さん。息子くんとの生活の中で感じた「?」や「!」をマンガに描き、昨年7月からインスタグラムで発信。そのイラストをもとに、山本さんがパパ芸人ならではの気づきを綴る本連載。

【詳細】他の写真はこちら

第28回は、山本さんが経験したドッキリについて。お笑い芸人ならではのエピソードに加えて、最近では息子くんからのドッキリもあったとか!?

■番組のドッキリにひっかかったときの仰天エピソード
お笑い芸人ならば、避けて通れない、テレビ番組の「ドッキリ企画」。僕も、ドッキリを仕掛けられたり、逆に仕掛け人になったりしたことが、これまで何度もあります。

テレビを見ている方は、「ドッキリって、途中で気づいてるんでしょ?」と思うかもしれません。でも、まったく警戒していないときに仕掛けられるので、本当に気づかないんです。
結果として、頭が「?」でいっぱいになっている間抜けな表情を、お茶の間にさらすことになります(笑)

いままで仕掛けられたドッキリの中で、一番印象に残っているのは、テレビ局の廊下で「ちょっと、すいません!」と声をかけられて、ブラジャーを渡されたこと。
人間は、「すいません!」と言われながら物を渡されると、とっさに受け取ってしまうらしく、それを検証するドッキリでした。

僕はそのとき、いずれ戻ってくるだろうと思って、その場から動かずにいました。渡されたのはブラジャーだし、むやみに触るわけにもいかず、「どうしよう?」と思いながら、ずっと肩ひもをつまんだ状態をキープしていたんです。その様子を、カメラでずっと撮られていました(笑)

手の込んだドッキリで、怖い思いをしたこともあります。
メンバーそれぞれが、自分の行きつけの店を紹介するロケ番組の撮影でのこと。行きつけの店を巡りながら、僕が住んでいたマンションに、どんどん近づいていくんです。

最終的に、僕のマンションの隣にある蕎麦屋に入って、その段階でようやく「ここは地元のお客さんが多いはずなのに……」「絶対おかしい」って気づきました。

案の定、蕎麦屋を出ると「じゃあ次の店に行こう」って言いながら、皆が僕の部屋に向かっていくんです。
「いや、それ俺の家!」ってツッコミながら、気持ち悪いドッキリだなあ、って冷や汗をかいていましたね(笑)

■いまから戦々恐々……。ベランダに閉め出される恐怖
最近は、息子にもドッキリを仕掛けられることがあります。いや、息子はドッキリを仕掛けているつもりはないと思うんですけど……。

この冬は、ちょっと洗濯物を干しに出た隙に、ベランダに閉め出されました。僕や奥さんの様子を見ていて、「窓を開けたら閉める」のが当たり前だと思っているんでしょうね。

ベランダに通じる窓は、大きくて重い。背後で「バシーン!」って大きな音がして、びっくりして振り返ると、窓ガラスの向こうで息子がキャッキャッと笑っていました。

この出来事をイラストにして、インスタグラムに載せたところ、同じ経験のあるママさんからコメントをいただきました。「玄関のカギをかけられて、管理人さんにカギを借りた」とか、「1時間くらいで旦那が帰って来て、開けてもらった」というコメントもありましたね。

うちの息子は、カギのかけかたをまだ覚えていませんが、「カギをかける」ことの意味はわかっているようです。その証拠に、玄関のカギを渡すと、玄関まで走って行って、カギ穴にカギを差し込みます。

そのうち、カギのかけかたを覚えたらヤバいなーと思って、いまから戦々恐々……。
インスタコメントをくださったママさんの中には、窓の上のほうに布団バサミを挟んでおき、全部閉めないようにしていると教えてくださった方もいました。

■謎肉も発掘…ママのバッグは四次元ポケット!
窓の開け閉めもそうですが、息子は僕らの真似をするのが大好き。最近は、奥さんがスーパーで商品をカゴに入れるのを真似して、床に散らばっているお菓子おもちゃを、トートバッグに回収する遊びをしています。

気になるものは、何でもバッグに入れたいみたい。奥さんのバッグから、変なものが出てくることもあります。
外にごはんを食べに行ったとき、「後で食べよう」と思ったのか、いろいろな食材をこっそり手に持っていて、奥さんのバッグに入れてしまう……。

奥さんがそれを見つけるのは、家に帰ってから。バッグの中を整理しているときに、それはもうドラえもんの「四次元ポケット」状態。
あるときはミカンが1房出てきたし、あるときはかんぴょう巻きが出てきました。サイコロステーキが出てきたこともあります。

サイコロステーキを食べていないのに、どうやって入れたんだろう?」と、首をかしげる僕と奥さん。
謎の肉をどこから調達してきたのか、それは息子にしかわかりません。
(mamagirl

掲載:M-ON! Press