先週末に行われた第37節では4位争いにおいて唯一勝ち点3を手にしたバレンシアがヘタフェを抜いて4位に浮上。一方、アトレティコ・マドリーと引き分けた6位のセビージャは逆転でのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得へ厳しい勝ち点逸に。また、残留争いではレバンテに敗れたジローナの降格が決定的となっている。

今季最終節の唯一の注目ポイントは前述の4位争いだ。前節終了次点では4位のバレンシアと5位のヘタフェが共に勝ち点58で並ぶも当該成績で上回るバレンシアが最も優位な立ち位置に。一方、勝ち点56で6位のセビージャは当該成績で両チームに劣っているため、最終節で勝利且つ両チームが敗戦しない限り、逆転できない厳しい状況だ。

3チームの中で唯一自力での4位決定の可能性を残すバレンシアは前節で残留が決定した16位のバジャドリーとアウェイゲームを戦う。相手のホーム最終戦というやり辛さはあるが、実力差とモチベーションの差を考えれば、勝ち点3を獲得することはさほど難しくないはずだ。前節はアラベス相手に先制を許すも、MFソレールとFWサンティ・ミナの若手コンビに勝負強いFWガメイロの3ゴールで逆転勝利を飾っており、2連勝と好調を維持している点もプラスに働くはずだ。

続いてバレンシアが引き分け以下で自分たちが勝利できれば、逆転での4位フィニッシュが可能となるヘタフェは、同じく前節で残留を決めた14位のビジャレアルホームで対戦する。直近のバルセロナ戦では敵地で0-2の敗戦も試合内容自体は悪くなく開き直ってホーム最終戦を戦えるはずだ。そのバルセロナ戦では先発に抜擢も守備面の問題で前半だけで交代となったMF柴崎岳は、おそらく同クラブでのラストゲームとなるビジャレアル戦でチャンスを与えられるか。

一方、逆転でのCL出場権獲得には奇跡が必要となるセビージャは、ヨーロッパリーグ(EL)出場権が懸かる7位のアスレティック・ビルバオ(勝ち点53)とのホームゲームを戦う。バレンシア、ヘタフェの試合経過も気になるが、敵地での前回対戦では0-2で完敗しているだけに、まずはその難敵相手に勝利することだけに集中したい。来季CL出場権を逃せば、試合後には厳しいセビジスタからのブーイングが濃厚だが、試合中は頼れる彼らの後押しを武器に勝ち切りたい。

また、8位のレアルソシエダ(勝ち点50)と9位のエスパニョール(勝ち点50)の直接対決もEL出場権が懸かる重要な一戦だ。この2チームはいずれも7位のビルバオに当該成績で勝っているため、ビルバオがセビージャに敗れると、この試合の勝者が逆転でEL出場権を手にできる。

最後に残り1枠の残留争いに関しては17位のセルタ(勝ち点40)と、18位のジローナ(勝ち点37)の2チームに絞られているが、ジローナの逆転残留には前述のセビージャ以上の奇跡が求められる。

当該成績、当該得失点差で完全にイーブンの両チームが勝ち点で並んだ場合、リーグ戦全体の得失点差が適用されることになるが、セルタのマイナス9に対して、ジローナはマイナス15。したがって、ジローナが残留を勝ち取るにはセルタの大量失点での大敗且つ、自分たちが大量得点を奪って勝つという奇跡の所業を成し遂げる必要がある。

リーガエスパニョーラ第38節》

▽5/18(土)
20:00
レバンテ vs アトレティコ・マドリー
《23:15》
エスパニョール vs レアルソシエ
ヘタフェ vs ビジャレアル
セビージャ vs ビルバオ
バジャドリー vs バレンシア
《27:45》
アラベス vs ジロー
セルタ vs ラージョ
ウエスカ vs レガネス

▽5/19(日)
《19:00
レアル・マドリー vs ベティス
《23:15》
エイバル vs バルセロナ

サムネイル画像