10連休という過去最長のゴールデンウィークも終わりました。みなさんいかがお過ごしでしょうか。なかには仕事が始まったものの「なかなか連休前のペースに戻せない」「仕事が辛い。会社を辞めたい……」という人もいるのではないかと思います。

就活

 長期の連休明けは退職者が増えやすい時期です。事実、転職エージェントである私たちUZUZの元にも多くの転職相談が寄せられています。そして、その中には19卒、すなわち今年学校を卒業して働き始めた「新卒」の人からの相談も少なくありません。

 仕事が始まって、1か月と少し。彼ら・彼女らのリアルな「退職の現状」と、短期離職が生まれる要因と対処法に迫りました。

19卒が短期離職する理由は主に2つ

 まずは離職中、もしくは退職検討中の19卒に行った「退職理由」のアンケート結果を紹介します(5月10日時点・有効回答数176名)。

190509_19卒短期離職理由
(画像提供:UZUZ)
 もっとも多かった理由は「条件(給料・休日など)の違い」。3割以上の19卒が「入社前に聞いていた条件との違い」を理由に、退職の道を選んでいます。次いで多いのが「人や社風が合わない」という理由。こちらも19卒の3割弱が選んだ結果となりました。その他「残業が多い」「研修がきつい」などが続きますが、先に挙げた2つに比べるとその割合は大きく下がります。

 では、この6割近い19卒が選んだ「条件が違う」「人や社風が合わない」とは、具体的にどんな状況なのでしょうか? 実際にこのような理由で退職した(もしくは退職を検討している)19卒に話を聞くと、以下のような事例が明らかになりました。

「条件と違う」「社風が合わない」退職理由

▼「聞いていた条件と違う」ケース

「入社後の配属辞令で、当初言われていた会社とは全く違う会社への配属が決定。そのため、提示されていた条件にも大きな変更が生じた。研修を受けてはみたものの、希望していた仕事ではないし、ここで働く意味はないなと感じてしまった」(接客・男性)

「基本給18万円+残業代別途支給と聞いていたのに、入社後になって『残業代は基本給に含まれている』と言われた。その他にも休日出勤の代休がもらえない、総合職採用だったのに一般職採用だったことも判明。社員もやる気がなくがっかりした」(営業・女性)

 上記はどちらも、いざ入社したら全く異なった条件を提示されてしまったケースです。会社が意図的にやったのかは不明ですが、後出しじゃんけんのようなやり方に不信感を抱く新入社員は多いようです。

▼「人や社風が合わない」ケース

「研修中だけどほぼ放置されている。上司と言えども、正直、『何様なんだろう』と思ってしまうような物言いの人がいる。ほぼ定時で上がれるので労働環境は問題ないが、このままここで働いていても成長できるイメージが湧かない」(営業・男性)

「暴言や暴力が日常茶飯事だった。『お前のせいで仕事が進まない』と頭を殴られたことも。仕事ってこんな感じなのかと思っていたけど、周囲に相談したらそうではないことがわかった。このまま働き続けていたら、精神を病んでしまうと思う」(専門職・男性)

 こちらは、働く人や社風に不信感を持ってしまったケース。“人”や“社風”は感じ方が個人によって違うので、正直、判断が難しい部分でもあります。ただ、暴言や暴力が蔓延している会社は、“人”や“社風”以前に問題があると言っていいでしょう。

 ちなみにその他には「『男は◯◯をすべきだ』のような古い考え方に馴染めない」という理由から退職したという声もありました。

「いざ入社したら想像と違った」という意見も

東京の通勤風景

 しかし、なかには「条件の違い」「人や社風が合わない」とは違った理由で退職する19卒もいます。それは「いざ入社したら想像と違った」ケース

 以下で具体的な理由を見てみましょう。

▼「いざ入社したら想像と違った」ケース

幼稚園教諭として働き出したが、想像以上に責任が重い仕事だと感じた。特に親の対応が負担。子どもは好きだけど、この先も長く続けていける仕事ではないなと思ってしまった」(教員・女性)

「夜遅い時間での勤務が身体に合わなかった。入社前は深夜帯でも働けるだろうと特に心配していなかったが……。実際にやってみたら思っていたよりもきつく、体力が持たないと感じた」(接客・男性)

 こちらは、入社前は「できる」と思っていても、いざ仕事を始めてみたら、ついていけず、心が折れてしまったケースです。あるいは「営業として入社したものの、全く向いていないことがわかり、自信を失った」という人もいました。

 働く環境が想像と大きく違った場合、戸惑ってしまう気持ちはとてもよくわかります。しかし、こういった理由で退職した人は、次の転職先を探す時に注意しなければなりません。なぜなら、この手の退職理由を企業はあまりよく思わないからです。

「うちに入ってもまたすぐ辞めてしまうのではないか」
「いくらなんでも判断が早すぎたのではないか」

 このように考える企業は少なくありません。なので、面接を受ける際には会社の批判を口にしないことが鉄則です。まずは「自分の考えが甘かった」と、“反省している姿勢”を見せることが大切です。

「短期離職=志望度が低かった」わけではない

 19卒を対象としたものではありませんが、参考になるデータをひとつ紹介します。このグラフは、以前UZUZで第二新卒(新卒で入社後、数年で次の転職先を探す20代)を対象に調査した「前職の志望度」です。

UZUZ
(画像提供:UZUZ)
 これを見ると、67.5%の第二新卒が前職への志望度が「とても高かった」もしくは「高かった」と回答していることがわかります(この時の調査では、約50%の第二新卒が半年以内に短期離職)。

 つまり、早期で辞めた第二新卒も、短期離職しているからといって、必ずしも前職の志望度が低かったわけではないのです。

「前職の志望度」は調査のたびに似たような結果になるので、おそらくこれは19卒にも同じことが言えるでしょう。

なぜ今このタイミングで短期離職してしまうのか?

 これは、冒頭でも触れた「長期休暇」が退職へのトリガーになっています。特に今年のゴールデンウィークは過去最長の10連休でした。休み前はなんとか踏ん張れていても長期休暇に入ったことで“糸”が切れ、ペースを戻せない人もいます。

 なかにはペースを戻せないどころか、連休明けに強いストレスがかかることで、いわゆる「五月病」になってしまう人も。五月病の主な症状は「なんとなく気分が優れない」「やる気が出ない」「食欲がわかない」「眠れない」などですが、悪化すると、適応障害やパニック障害を引き起こすこともあります。

 長期休暇を挟むことにより生まれやすくなる五月病。19卒の中には、これまで紹介したような心身の不調に耐えきれず、短期離職した人もいますが、五月病になり、短期離職をしてしまうと、少なからずその後の転職活動にも影響が出ます。

 もちろん先ほど紹介したようなパワハラが横行している会社なら、早々に辞めたほうが良いでしょう。しかしそうでないなら、一時の感情で行動するより、一旦立ち止まり「本当に辞めるべきか否か」を考えても遅くはありません。

五月病は「甘え」によって起こるものではない

病気 サラリーマン

 ちなみに「五月病は甘えによって起こるもの」と考える人がいますが、これは誤解です。住み慣れた場所や居心地の良いコミュニティを離れ、新しい環境で仕事を始めるのは、想像以上にストレスがかかります。ましてや新人という立場では、緊張にさらされる場面も多いでしょう。

 そんな状況から、つかの間の休みを経て、「会社がツラい」と思うのは、ある意味当然ですよね。五月病になりやすい人というのは、総じて真面目、かつ無理をしてでも頑張ろうとする人が多いように思います。気分が優れない時に「なんでこんなこともできないんだろう」「ちゃんとしなきゃ」と高い理想を掲げても、大概はうまくいきません。

 まずは「朝時間通りに起きる」「電車に乗る」「会社の椅子に座る」のような、達成できそうなものを目標にしてみましょう。確実にできることを増やしていけば、次第に五月病も落ち着いてくるはずです。

 少し話は逸れましたが、今仕事を辞めたいと悩んでいる19卒は、まず“頑張りすぎない”を頑張ってみませんか? 短期離職する19卒の事例からもわかるように、考え方や仕事を取り巻く環境は人によって異なります。

 不安になると、どうしても嫌な部分にばかり目がいきがちですが、勢いで辞める前に「本当に必要な退職か」をぜひ考えてみてください。

TEXT/草野有砂>

【草野有砂】

茨城県出身の1992年生まれ。新卒時は就職活動を行うことなくそのまま卒業、晴れて既卒となる。UZUZでは「リモートワーク社員」として、オウンドメディアの運営や外部ライターのディクレション、記事作成、Webマーケティングなど幅広い業務を行っている。Twitterは@UZUZ_uzcc ■カウンセラーへの相談はこちら