ジャニーズの若手人気グループKing & Prince」の永瀬廉と神宮寺勇太が18日、都内劇場で開催された映画『うちの執事が言うことには』(5月17日公開)の公開記念舞台挨拶に登場した。シリーズ累計発行部数110万部を超える大人気ミステリー小説『うちの執事が言うことには』を実写化したこの映画で、永瀬は名門・烏丸家27代目当主の烏丸花穎として映画初主演を務める。神宮寺は大学生で起業家、パティリーオーナーの赤目刻弥役で、俳優・清原翔が烏丸家の新執事・衣更月蒼馬役だ。他に優希美青、神尾楓珠、久万真路監督も登壇して和やかな舞台挨拶を盛り上げた。

まず全国の劇場で同時生中継されていた舞台挨拶を観ているファンに「やほー」と笑顔で手を振る永瀬廉と神宮寺勇太。永瀬は「そこまで経験がない中での初主演なので、スタッフや共演者の皆さん、監督に助けられながらやってきた。人間のあったかさを感じた」と持ち前の関西弁で感謝。そんな主演俳優・永瀬について、清原翔は「永瀬廉自体が人を巻き込む力を持っている」と印象を語ると、永瀬は「もう一回言って」「ここニューストップでお願いします」とリクエスト、清原も「ちゃんと『清原が言った』って書いてください」と永瀬に乗っかりお願いした。次に神宮寺が「少しでも(永瀬を)支えられたらいいなと思っていたけど、初主演と思わないぐらい堂々としてて、華やかな空気になる。それが自然にできるのはすごい」と褒めると、永瀬は「もう一回言ってみて」とおどけて笑わせた。

神尾楓珠は、思い出に残ったこととして「(撮影が終わってから)廉と2人でご飯にいったんですよ。廉から誘ってくれて」と永瀬とのエピソードを語った。永瀬は「2人の誕生日が近いんですよ。それでちょうど20歳になったタイミングだしってことで」と誘ったそうだ。永瀬は映画のプロモーションのため取材を20社ほど受けた後で神尾は「すごい疲れているのに、ご飯に行ってくれて有難かったですね」と感謝していたが、実は永瀬には神尾への“お詫び”としての意味があったという。というのも、永瀬は「映画共演する前に一度、フットサルで遊んでいたみたいなんですよ。それなのに楓珠に『初めまして』って言っちゃって」とすまなそうに打ち明けると、神尾も「僕も言いづらくて。忘れられているのもショックだし」と複雑な心境だったそう。永瀬は「そのお詫びも含めて。ちゃんと謝りましたけどね」と、今は一緒に食事するほど仲が良いようだ。

また舞台挨拶では、映画の見どころをキャストたちが絵に描いて紹介した。それぞれ説明不可欠な絵が次々に披露されたが、人物2名(神宮寺勇太と自分)と犬2匹を描いた永瀬は、「犬2匹いましたっけ?」と周りから指摘されると、「これは(映画に登場する)ペロですよ。笑った顔とくちゃっとした顔。大好きだから」と2匹ともペロだと解説した。そのペロがサプライズで登場すると、1年ぶりの再会に永瀬は「これはテンション上がるわ!」と大興奮。大喜びでペロに近寄り「めちゃめちゃ仲いいです。1年で(キャストの中で)一番成長しました。完全に僕には抱っこできないサイズです」とペロの成長ぶりに驚いた。撮影から約1年後の公開となり、永瀬は「アルバムを見ているような不思議な感じ。そのときの思い出がよみがえる。今見ると、顔、若いなあ」と恥ずかしそうにも見えたが、久万真路監督は「この1年でみんな変わっているんですね。今の彼らもいいんですけど。1年前の初々しい感じがこの世界観にはぴったりマッチしていたので、去年撮れたのを感謝しています」と語った。

最後に永瀬は「1年の時を経てようやく公開されました。すごく楽しい作品になっております。ありがたいことに日本全国で上映されているそうなので、この映画を観てあったかい気持ちになってもらえればいいなと思います」と主演らしく挨拶。客席通路を歩き、満員のファンを大いに沸かせながら退場した。
(TechinsightJapan編集部 関原りあん)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト