史上初のCL3連覇から一転して失意のシーズンとなってしまったレアル・マドリーリーガ最終戦ではベティスと戦う。

前日会見に登壇したジネディーヌ・ジダン監督には多くの質問が飛んだ。放出候補とされるギャレス・ベイルやケイロル・ナバスについて、そしてアントワーヌ・グリーズマンの移籍話まで。

『Marca』によれば、補強ターゲットとされるフランクフルトFWルカ・ヨヴィッチについて聞かれるとこう答えたそう。

ジネディーヌ・ジダンレアル・マドリー監督)

「何も言えない、我々は今シーズンを終える。

これは試合についての質問ではない。驚きだ。

来季への懸念は理解できるが、こちらのことも理解して欲しい。私は明日の勝利を気にしている」

最終戦についての質問がほとんどなく、放出や補強などの話ばかりだったことに辟易していたようだ。

【関連記事】 「レアル、エムバペ以外で獲得すべき5人の新エース候補」

ただ、この状況ではそれも仕方ないはず…。

ジダン監督、会見でちょっと怒る!?その質問とは