平成が、30年の歴史に幕を閉じ、新たな元号・令和が始まった。

=====================
●昭和、平成、令和の年数

昭和:1926年12月25日1989年1月7日
平成:1989年1月8日2019年4月30日(退位の日)
令和:2019年5月1日(即位の日)~
=====================

 前回の記事では、昭和、平成、令和と3元号をまたぐ現役鉄道車両のうち、国鉄・JRの車両を紹介したが、今回は私鉄の現役鉄道車両のうち、特急形車両に絞って紹介したい。なお、一般形車両などが特急形に改造された車両は除く。

1)東武鉄道「350系」

私鉄
350系の前身、1800系
 1969年、急行〈りょうもう〉用として1800系が登場。座席は回転式クロスシートで、当時の急行形車両では“ハイグレードな車両”である。

 1991年、一部の車両が改造され、日光線用の300系(6両編成)、350系(4両編成)として再出発。その後、種別再編により特急形車両に格上げされた。

私鉄
350系のうち、画像の352編成は台車が異なる
 300系2017年1800系は2018年に相次いで引退したが、350系は現在も全車健在。1800系時代から通算すると、50年の長きにわたり活躍し、“関東地方最年長の特急形車両”として、今日も走る。

私鉄
鉄道車両では現役最後のキノコクーラ

2)長野電鉄「1000系」

私鉄
10000形HiSEは、“昭和最後の特急ロマンスカー”となった
 1987年小田急電鉄10000形HiSEとして登場。当時流行していたハイデッカーを採り入れたほか、初代3000形SEから続いた特急ロマンスカーカラーリングを一新し、箱根路を駆けめぐった。

 その後、50000形VSEの投入に伴い、一部の車両が長野電鉄に移籍。4両編成に短縮され、「1000系」として2006年から営業運転を開始した。引き続き温泉地を結ぶ特急列車として、信州路を駆けめぐっている。

私鉄
長野電鉄移籍後、特急〈ゆけむり〉として運行を開始

3)大井川鐡道「16000系」

私鉄
2社で活躍する「16000系」(提供:大井川鐡道)
 1965年近畿日本鉄道(以下、近鉄)16000系として登場。南大阪線用の特急形電車で、54年たった現在も営業運転されており、“私鉄最年長の特急形車両”である。 

私鉄
大井川鐡道大井川本線は、“昭和の楽園”といえよう(提供:大井川鐡道)
 1997年2002年、2編成4両が大井川鐡道に移籍。特急形電車の雰囲気をそのままに、大井川本線の普通電車として活躍しており、乗車券のみで優雅な汽車旅が楽しめそうだ。

4)富山地方鉄道「10030形」

私鉄
後年、初代3000系は2代目3000系コンフォートサルーンの登場に伴い、「8000系30番代」に改番された
 1971年京阪電気鉄道初代3000系として登場。同社の特急形電車では初めて冷房装置とカラーテレビ(一部車両のみ)が搭載され、快適性をさらに高めた。

 昭和から平成にかけて、看板車両として君臨したが、1989年に登場した8000系エレガン都エクスプレス(現在のエレガントサルーン)の増備に伴い、一部の車両が富山地方鉄道(以下、地鉄)に移籍。機器などの換装を経て、1991年より10030形として新たなスタートを切る。

 現在は特急から各駅停車まで幅広く活躍。初代3000系引退後は、ダブルデッカー車(2階建て車両)も加わり、『ダブルデッカーエキスプレス』として、特急を中心に運用されている。

私鉄
左は地鉄カラーの2両車、右は旧京阪特急カラーの『ダブルデッカーエキスプレス』
私鉄
台車の履き替えなどを除き、京阪時代の雰囲気を忠実に残したダブルデッカー車

5)富山地方鉄道「16010形」

私鉄
西武特急の初代車両、5000系レッドアロー(提供:西武鉄道
 1969年西武鉄道5000系レッドアローとして登場。西武秩父線の開業により、特急〈ちちぶ〉は池袋―西武秩父間を83分で結ぶ(現在は78分)。都心から秩父への所要時間を大幅に縮めた功績が大きく、就役時は4両編成だったが、のちに2両増結された。

 その後、10000ニューレッドアローの登場により、一部の車両が地鉄に移籍。機器などの換装を経て、1995年より16010形として新たなスタートを切り、引き続き山を登る。

 現在、1編成は水戸岡鋭治氏の手により、『アルプスエキスプレス』にリニューアルされ、『ダブルデッカーエキスプレス』とともに、富山地方鉄道の“ツートップ”として輝きを放つ。

私鉄
16010形『アルプスエキスプレス』(提供:富山地方鉄道

6)阪急電鉄「6300系」

私鉄
京都線特急形電車史上、最高かつ最強の6300系
 1975年京都線用の特急形電車として登場。乗降用ドアを両端に寄せ、転換クロスシートをズラリと並べた。また、急行灯と尾灯のまわりに飾り帯をつけ、車体上部にアイボリーのアクセントカラーを配し、マルーンのボディーを引き立てた。

 6300系は30年以上にわたり、京都線特急として君臨していたが、3ドア車の9300系に後を託した。

 現在は編成短縮の上、嵐山線各駅停車で定期運用に就くほか、『京とれいん』に改造された車両もあり、土休の快速特急Aとして京都線を快走する。

私鉄
ジョイフルトレイン『京とれいん』

7)近畿日本鉄道「30000系ビスタEX」

 昭和~令和をまたぐ近鉄の特急形電車は、登場順に16000系(1965年)、12200系(1969年)、12400系(1977年)、30000系1978年)、12410系(1980年)、16010系(1981年)、12600系(1982年)、21000系(1988年)と8車種にもおよぶので、今回は2車種にしぼって紹介したい。

私鉄
30000系ビスタEX。特急は全車指定席なのに、列車愛称がほとんどないのが特徴
 まず、30000系は3代目ビスタカーとして登場。4両編成で、先頭車はウルトラマンっぽい顔立ちで、中間車はダブルデッカーが連結された。のちにリニューアルされ、車両の愛称も「ビスタEX」に改称。現在は再リニューアルされ、これから先も走り続けるだろう。

8)近畿日本鉄道「21000系アーバンライナーplus」

私鉄
21世紀の明るい未来を描いたようなデザインは、31年たった現在も若々しく映る
 難波(現・大阪難波)―近鉄名古屋間の名阪ノンストップ特急用(鶴橋―近鉄名古屋間ノンストップ運転)に投入。また、座席もJRグループ普通車に相当するレギュラーシートグリーン車に相当するデラックスシートを用意。従来の近鉄特急車にないカラーリングや前面デザインは、強烈なインパクトを与えた。

アーバンライナー」の車両愛称を引っ提げてデビューすると、私鉄初の120km/h運転も相まって、名阪ノンストップ特急の乗客が増加。東海道新幹線より所要時間はかかるが、料金の安さと、ゆとりで対抗した。

 現在はリニューアルにより、「アーバンライナーplus」に改称。これに伴いデラックスシートは2両から1両に減ったほか、のちに名阪ノンストップ特急の全列車が津に停まり、この名称が使われなくなった。

9)南海電気鉄道「30000系」

私鉄
登場以来、オリジナルカラーを堅持する30000系
 特急〈こうや〉の3代目車両として、1983年に登場。高野線橋本―極楽橋間が急勾配、急曲線のため、車体長は17メートルで、現役の特急形車両では、もっとも短い。

 平成に入り、南海電気鉄道(以下、南海)は関西国際空港の開港を控え、既存車両の塗装変更が実施されたが、30000系のみ対象外となった。“南海のフラッグシップトレイン”の表れといえよう。

 現在も“高野線の顔”として、特急〈こうや〉〈りんかん〉に充当。2019年で3回目の年男、年女ならぬ“年車”を迎えた。

10)南海電気鉄道「10000系」

私鉄
レキシブルな運用に優れた異色の特急形電車、10000
 南海本線の特急〈四国号〉に代わる特急形電車として、1985年に登場。特急〈サザン〉としてデビューした。2両1編成で、有料の特急形電車では珍しく、トイレが設置されていなかった。

 全車指定席列車は2編成つなぎ、一部指定席列車は、1編成プラス通勤形電車の7000系や7100系4両が自由席車両として併結。短距離は通勤形電車の自由席、長距離(おもに、なんば和歌山市間)は特急形電車の指定席を選択する乗客が多く、成功をおさめた。

 その後、10000系は新製中間車及び、先頭車の中間車化改造により、4両に増結。トイレ設置のほか、カラーリングも一新された。

【協力:大井川鐡道、西武鉄道富山地方鉄道

<取材・文/岸田法眼>

【岸田法眼】

レイルウェイライター。「Yahoo! セカンドライフ」の選抜サポーターに抜擢され、2007年ライターデビュー。以降、ムック『鉄道のテクノロジー』(三栄書房)『鉄道ファン』(交友社)や、ウェブサイトWEBRONZA」(朝日新聞社)などに執筆。また、好角家の側面を持つ。著書に『波瀾万丈の車両』(アルファベータブックス刊)がある

西武特急の初代車両、5000系レッドアロー(提供:西武鉄道)