「39年所属しておりました太田プロダクション事務所スタッフには誰ひとりも観てもらえなかったことがとても残念でした」

山田邦子
※画像は公式サイトより
 タレントの山田邦子(58)が自らのブログに投稿した内容が波紋を広げている。

山田邦子は「ダウンタウンやとんねるずに匹敵」

 話題となっているのは「長唄の会 無事終了」と題した4月29日の日記で、冒頭の文章に続き「この事は新しい令和の年に向けいろいろ整理が付く、出来事にもなりました。残念です」と、事務所退社、独立を匂わせる内容を綴っている。

 この“絶縁宣言”を受けて、女性週刊誌『女性セブン』(5月23日号)が、山田本人を直撃したところ、「事務所は私に全然関心がない」「私のマネジャーは動いてない状態でもう末期的」と語った。山田と太田プロの両者の溝は、想像以上に深刻のようだ。

 ネット上では「44歳の僕にとって、アイドル以上の、青春時代でした。山田邦子さんのバスガイド、また見たいです」「女性芸人の草分け的な方ですからね。同世代なんで頑張って欲しい」、なかには「全盛期ダウンタウンとんねるずに匹敵するくらい力はあった」といった声もあった。

――だが、チョット待ってほしい。bizSPA!世代の20代平成10年以降に物心がついた僕らには、ダウンタウンとんねるずのスゴさはテレビで毎日のように活躍を見てきて知っているが、正直言って、山田邦子がそれに匹敵するといわれても違和感を覚える。

デビュー半年で『オレたちひょうきん族』に出演

山田邦子
山田邦子『大丈夫だよ、がんばろう!―私も、乳がんと闘っています』(主婦と生活社)
 そもそも山田邦子とはどのような存在なのか? 著書『教養としての平成お笑い史』(ディスカヴァー携書)で山田邦子について論じたこともある、お笑い評論家ラリー遠田さんに聞いた。

「山田邦子さんは学生時代からバスガイドものまねネタなどを得意としていて、クラスメイトや友人を笑わせていました。その芸を武器にして、素人参加型のお笑いオーディション番組に片っ端から出演して、賞金を稼いでいました。その明るくユニークキャラクターテレビプロデューサーの目に留まり、1981年TBSドラマ『野々村病院物語』に出演することになりました。

 その後、『笑っていいとも!』の前身番組である『笑ってる場合ですよ!』でネタを披露して5週勝ち抜きを果たし、芸人としても活動を始めました。そのわずか半年後、ビートたけしさんや明石家さんまさんが出演した伝説のお笑い番組『オレたちひょうきん族』にレギュラー出演することになり、この番組で彼女の人気は不動のものになりました」

 なんとデビューから半年で、ビートたけし明石家さんまと共演。すさまじいスピードで売れっ子としての階段を駆け上がっていったことになる。

レギュラー週14本、CM8社「唯一天下を取った女芸人」

 特に1980~1990年代半ばにかけては女性MCとして絶大な人気を誇ったという。

「『オレたちひょうきん族』への出演をきっかけにして、山田さんの人気はさらに加速していきました。ピーク時には週14本のレギュラー番組を抱えていた上に、8社のCMに出演。映画やドラマにも出演していたし、CDや小説を出せば、軒並みベストセラーになっていました。

 NHKの「好きなタレント」調査では8年連続で女性部門1位を獲得しました。本人の話によると、当時の月収は約1億円だったそうです。その圧倒的な実績から『唯一天下を取った女芸人』とも言われています」(ラリー氏、以下同)

看板番組から生まれた『それが大事』『愛は勝つ』

愛は勝つ
KAN「愛は勝つ」
 そんな山田邦子の看板番組と言えるのが、1989~1992年フジテレビ系列局で放送された『邦ちゃんのやまだかつてないテレビ』だ。一体どんな番組だったのだろうか?

トークコントものまね、音楽など、さまざまな企画を繰り広げる総合的なバラエティ番組でした。当時流行していた男芸人が中心の泥臭いコント番組とは違って、山田さんらしいおしゃれな笑いに満ちていた番組でした。山田さんの脇を固めた共演者は今見ても信じられないほど豪華な顔ぶれです。

 明石家さんま所ジョージ関根勤、三上博史、今井美樹、織田裕二、柳葉敏郎、真木蔵人、高岡早紀、永井真理子大江千里、西田ひかる江口洋介……芸人、俳優、歌手などさまざまな分野の才能豊かなメンバーが集結していました。番組のテーマソングであるKANの『愛は勝つ』、大事MANブラザーズバンドの『それが大事』はいずれもミリオンセラーを記録しました」

 なんと、『愛は勝つ』『それが大事』といった会社の上司とカラオケに行くと耳にする名曲も、山田邦子がいなければ存在しなかった……かもしれないのだ。

「また、山田自身も、オーディションで選ばれた横山知枝と一緒に当時人気だった女性アイドルデュオ・WinkパロディユニットやまだかつてないWink」を結成して、『さよならだけどさよならじゃない』などのヒット曲を世に送り出しました。番組の関連楽曲を収録したスイカ柄のCDアルバムやまだかつてないCD』も大ヒットしました」

キャラクターが飽きられた? 人気低迷の原因は

 それでは、なぜ山田邦子の人気は低迷してしまったのか? もちろん、芸能人の栄枯盛衰にはさまざまな要因が考えられるが、主な理由として語られているのは、1995年、写真週刊誌FOCUS』で報じられたテレビプロデューサーとの不倫騒動だ。

 当時未婚だった山田の自宅に、妻子ある男性プロデューサーがたびたび出入りしていたのだ。やがて他誌が続報を打ち、プロデューサーの妻、2人の娘を巻き込んでの「ドロ沼不倫」騒動と化すと、山田へのバッシングの声が一気に強まった。

 近年のベッキー不倫騒動を例に出すまでもなく、もともと高い好感度をウリにしていた人物は、裏の顔がひとたび明らかになると、世間から厳しい声を浴びることになる。しかし、ラリー氏は、この不倫以外にも考えられる人気低迷の原因があるという。

テレビタレントは、時代の移り変わりに合わせて自分のキャラクターマイナーチェンジしていく必要があります。また、年齢を重ねることで、世間から求められるものも少しずつ変わっていきます。山田邦子さんは良くも悪くもキャラクターが若い頃からずっと変わっていないようなところがあるため、それが時代の空気や自分の年齢に合わなくなってきたのかもしれません」

渡辺直美×友近? 山田邦子を今の女芸人で例えると

教養としての平成お笑い史
『教養としての平成お笑い史』(ディスカヴァー携書)
 ラリー氏の説明を受けて、今でこそ人気低迷しているとはいえ、彼女のスゴさが20代読者にも伝わっただろう。最後に、いまの人気がある女芸人と当時の山田邦子を比較するとしたら誰なのか聞いてみた。

「生き方やファッションセンスも含めて同性からの支持が高かったという意味では、インスタ女王の渡辺直美さんに近いところがあります。ものまねなりきり芸を得意としていて、自分の世界観を確立しているところは友近さんにも似ています。最近活躍している女芸人のいろいろな要素を兼ね備えたモンスターのような存在だったと言えます」

 渡辺直美×友近! まさに「唯一天下を取った女芸人」にふさわしいモンスターぶりだ。近年では乳がんにかかったことを公表したことも記憶に新しいが、今回の独立騒動はどのような結末を迎えるのか、注視したい。

<取材・文/シルバー井荻>

【ラリー遠田】

お笑いテレビに関する評論、執筆、イベント企画などを手掛ける。『とんねるずと「めちゃイケ」の終わり〈ポスト平成〉のテレビバラエティ論』など著書多数。近著は『教養としての平成お笑い史』

山田邦子『大丈夫だよ、がんばろう!―私も、乳がんと闘っています』(主婦と生活社)