【元記事をASCII.jpで読む】

 5月17日、東京のベルサー神保町にて「VIVE X APACデモ・デー」が日本で初めて開催された。「VIVE X」はHTCが主催するVRスタートアップ向けの支援プログラム

 HTCはその支援プログラムの対象となっているスタートアップ企業が、開発中の最新VRテクノロジーをお披露目するためのイベントを16日、17日の2日に渡って開催。前日の16日は開発者向けに「2019 VIVE デベロッパー・デー」が行なわれ、17日の「VIVE X APACデモ・デー」は投資家、企業を対象としている。

 デモ・デーはHTC Nippon株式会社の児島全克社長の挨拶からスタートVIVE Xの目的がエコシステムを通じてVRスタートアップを支援し、VR業界全体を盛り上げることにあり、昨今ゲームエンターテイメントだけでなく、広い分野でコストの削減、利益創出の例が出てきているので、新しい可能性を秘めたスタートアップ企業10社の優れたアプリケーションを見て、ぜひ導入、投資してほしいと熱く語った。

 続いてHTC北アジア担当ジェネラルマネージャーレイモンド・パオ氏が登壇。2016年に大きく盛り上がったVR業界は、2017年2018年ゆっくりと成長していく期間だったが、それは想定内であり、収益においては2016年2017年2018年と年ごとに約2倍へ増えていること、IDCが2016年から2024年に向けて60%以上のコンシューマーがVRを使うと予測していることを語った。

 そのうえで、企業が効率性とコスト削減のためにVRを導入しようとしているなかでのHTCの取り組みとして、アイトラッキングを搭載した「VIVE Eye Pro」、ワイヤレスキット「VIVE WIRELESS ADAPTER」などでVRの体験を進化させ、コンテンツを探すための「VIVEPORT」、サブスクリプションサービスVIVEPORTインフィニティ」を用意したことをアピール

 今年はリップトラッキングハンドジェスチャートラッキング、ARディスプレイ、AR SDKなどをリリースし、VRにとっての重要な技術である5Gにもリソースを向けるという方針を伝えた。

 最後に最も重要な点として、すでにインキュベーターのエコシステムをつくり上げており、ビジネスの開発を手伝っていきたい、そしてその技術を投資家の皆様にお届けしていきたいという、HTCの方針を来場者に強調した。

 今回のデモ・デーに参加したスタートアップ企業は、360度全周の映像を使って日帰りツアーアトラクションオンライン販売するプラットフォームを開発している「360 Stories」、完全オンライン型の3Dファッションデザインラットフォームを手掛ける「Z-emotion」。

 ロケーションベースのVRアーケードサービスを提供する「ifgames studio」、バーチャルタレントアプリケーションを開発している「Cover Corporation」、スポーツゲームや映画ゲームを手掛けている「Appnori」、ワイヤレスの全身ハプティックスーツを開発している「bHaptics」、子供向けのVRコンテンツ専業メーカーの「Vrani」。

 VR会議システムを手掛けている「VRwaibao」、バーチャルキャラクターリアルタイムライブモーションキャプチャーを提供する「Red Pill Lab」、VR内での外国語トレーニングツールを開発している「PlusOne」の10社。17日は投資家、企業を対象にしたデモ・デーということもあり、プレゼンテーションセッションではそれぞれの技術の先進性、強みをアピールしたうえで、具体的な成長戦略などについても触れられた。

 プレゼンテーション後にはデモ展示体験&懇親会が開催。それぞれのブースでは、来場者が実際にVRアプリケーションを体験したうえで、さらに詳しい内容について質問、意見交換が熱心に行なわれた。

 現時点でVRはゲームエンターテイメントを楽しむ一部ユーザーのものだが、今後多くの産業で利用されることが期待されている。VIVE Xに支援を受けているスタートアップ企業の多くに投資が集まり、そして成功を収め、VRが本当に身近なものとして社会全体に普及することに期待したい。

先進的な企業10社がVRアプリやサービスをアピール!「VIVE X APACデモ・デー」