【元記事をASCII.jpで読む】

 主要格安SIMの料金表(今回はデータSIM)とともに、格安SIM格安スマホ関連の1週間の動きをまとめてお届けしている本連載。先週は、ASUSフラグシップ機「ZenFone 6」が海外で発表。また、ファーウェイの注目ミドル機「HUAWEI P30 lite」がY!mobileUQ mobileから登場。そのファーウェイも21日の発表を予告など。

ハイエンド機として登場のASUSZenFone 6」
ノッチのないデザインフリップカメラが特長

 国内のSIMフリースマホでは高い人気のASUSZenFoneシリーズ。そのフラグシップ機である「ZenFone 6」が海外で発表された。

 Snapdragon 855や6/8GBメモリーを搭載するなど、文句なしのハイエンド機に仕上がっているが、特徴的なのはノッチが無い完全フルディスプレーデザインだ。背面にあるメインカメラフリップ型になっており、自撮り時などに180度回転して前面に出てくるという仕組みになっている。

フリップカメラの起動

 現在公表されているスペックは、6.4型液晶(19.5:9、1082340)、64/128/256GBストレージ、48メガ+超広角13メガカメラ5000mAhバッテリーなど。当然、日本での登場にも期待したい!

HUAWEI P30 lite」がY!mobileUQ mobileから発表
ファーウェイも21日の発表を予定

 SIMフリースマホの人気No.1シリーズの最新機「HUAWEI P30 lite」がY!mobileUQ mobileから発表された。ともに5月24日の発売。価格はY!mobileが3万9420円で実質2万6460円または1万3500円。UQ mobileは3万1644円で実質価格は2万6460円。

 auからもよく似たモデル名で「HUAWEI P30 lite Premium」が登場しているが、Y!mobile/UQ版の詳細スペックはまだ未公表。au版や海外モデルから推測すると、約19.3:9の6.15型液晶(1082312)、HUAWEI Kirin 710、4GBメモリーなど。注目はやはりカメラで、超広角レンズを含むトリプルレンズ+AIによる高画質撮影が売りになっている。

 当然単体でのSIMフリー版の販売にも期待したくなるが、ファーウェイは21日(火)のなんらかの発表を予告している。「HUAWEI P30」シリーズは、最上位の「HUAWEI P30 Pro」が昨年に続きドコモから登場したが、とすると昨年同様に「HUAWEI P30」「HUAWEI P30 lite」がSIMフリーで登場するのか、期待して待ちたい。

LTE版でも2万円台の8型タブ「HUAWEI MediaPad M5 lite

 持ち運びに便利な8型サイズで、SIMフリーLTE版でも2万円台と、お手頃価格の「HUAWEI MediaPad M5 lite(8インチモデル)」が発売された。

 エンタメ重視のHUAWEI MediaPad Mシリーズなので、Harman Kardonによるサウンドチューニングが特長であるほか、スペックもミドルクラスとしては十分な内容で、1920×1200ドットの8型IPS液晶HUAWEI Kiri 710(2.2GHz+1.7GHz、オクタコア)、3GBメモリー、32GBストレージ、13メガカメラ(イン8メガ)、5100mAhバッテリーAndroid 9など。価格はWi-Fi版が税抜2万2880円、LTE版が税抜2万6880円。

1000円前後の人気格安データ通信サービス(税込)
(音声通話付きのSIMは前回分をクリック

1500~2000円台の人気格安データ通信サービス
(すべて税込)

※1:518円/1GBの追加チャージのみ、購入当月のみの利用で繰り越し不可(他は3ヵ月後の末日まで利用可能)。繰り越し可能な1GBのチャージは1188円。


【格安スマホまとめ】「ZenFone 6」海外発表! 「HUAWEI P30 lite」がワイモバ/UQから登場