衝撃KOでバンタム級に“敵なし”認定「誰がこの男を止めるというのか」

 WBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は18日(日本時間19日)、ワールドボクシングスーパーシリーズWBSS)準決勝(スコットランド・グラスゴー)でIBF同級王者エマヌエル・ロドリゲスプエルトリコ)に2回1分19秒TKO勝ち。新たにIBF王座を獲得し、2団体王者となった。この日の勝利でボクシング界最高の権威を持つ米誌「リング」認定のバンタム級王者に輝いたモンスターについて、同誌は「モンスター以上の大物などいない」と脱帽している。

 無敗王者同士の激突。そして、事実上のWBSSバンタム級大会の決勝に「ボクシングの聖書」と呼ばれるリング誌も動いた。空座となっていた同誌認定のバンタム級王者のベルトをこの一戦にかけていた。

モンスター以上の大物などいない、そうだろう? エマヌエル・ロドリゲスに聞いてみるといい。日本のセンセーション、ナオヤ・モンスターイノウエに追跡され、捕捉され、ボコボコにされ、IBFバンタム級タイトルを奪われた彼に、だ」

 井上の決勝進出とリング誌の王座獲得の特集記事では井上の恐ろしさをこうレポート。そして、2度目のダウン後のプエルトリコの猛者のリアクションに注目している。

「ディフェンディング王者はそのままダウンを望んだ。だが、勇敢に立ち上がらざるを得なかった。残酷な猛攻がロドリゲスをまたしてもキャンバスに叩き落とした。そして、レフェリーファイトを止めた」

ライバル候補はテテ&ネリも…「どちらが相手でも圧倒的な本命」

 記事ではこのように報じ、公式ツイッターでも「ナオヤ・イノウエは凄い!!!! ザ・モンスターが2ラウンドでロドリゲスノックアウトする。完璧な破壊!!!」と興奮気味に速報していた。権威あるリング誌も衝撃の戦いぶりだった。

 そして、記事では「一体誰がこの男を止めるというのか」と今後の展望に注目。決勝では5階級制覇王者ノニト・ドネアフィリピン)と対戦となるが「未来の殿堂入り選手だが、今や36歳の男がイノウエに対抗できるのか?」とドネアに対して悲観視した。

 一方で、井上が昨年5月に過去10年間無敗だった元WBA王者ジェイミー・マクドネル(英国)を、10月WBSS初戦ではフアンカルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)を、キャリア初のKO負けをわずか1ラウンドで突きつけた戦歴を紹介した上で、準決勝のドネア戦を前に故障で欠場したWBO王者ゾラニ・テテと、禁止薬物など度重なる違反でタイトルを剥奪された元WBC王者ルイス・ネリメキシコ)の名前を候補に挙げた。

 ただ、その2人について「イノウエはどちらが相手でも圧倒的な本命」と分析している。ボクシング聖書も「敵なし」と認めたモンスター。国際的に井上株はもはや高騰が止まらない状態だ。(THE ANSWER編集部)