韓国ヒュンダイが誇るベストセラー・ハッチバック『i20』に設定されるハードコアモデル、『i20N』開発車両をカメラが初めて捉えた。

【大きい画像を見る】ヒュンダイ i20N スクープ写真


「N」は、2015年に同ブランドが立ち上げた高性能ブランドで、2017年に第一弾として『i30N』を発表しており、i20Nは第2弾となる。

i20は、2016年に世界累計販売100万台を達成し、2018年4月にフェイスリフトを受けている。捉えたプロトタイプはこの改良新型をベースとしたテストミュールだが、ディテールは不明だ。

しかし、ローダウンされたボディの足元には、レッドブレーキキャリパーを備える高性能ブレーキ215/40 R18ピレリP-Zeroタイヤを装着している。また強力なターボエンジンを予想させるデュアルエキゾーストパイプも見てとれる。さらに、ハードセッティングされたスポーツサスペンションも装備しているはずだ。

予想されるパワートレインは、1.6リットル直列4気筒ガソリンターボ「T-GDIエンジンを搭載。標的とするライバルトヨタ『GRヤリス』が1.6リットル直列3気筒ターボエンジンを搭載し、最高出力250psと予想されており、200ps以上のパワーは欲しいところだろう。ただし、同エンジンを積むキア『シードGT』が201psを発揮するため、それほど難しいことではないはずだ。

現行i20は2014年から発売されており、2021年には第3世代へバトンタッチされる。そのため、Nモデルワールドプレミアは間近に迫っている可能性が高い。

【ほかの画像を見る】ヒュンダイ i20N スクープ写真

ヒュンダイ i20N スクープ写真