月間登録台数:NO DATA 現行型発表:16年2月(「Mercedes-AMG GLC63」系追加 18年1月) JC08モード燃費:16.2km/ℓ ※「GLC220d 4MATIC」系 レポート●小林秀雄(KOBAYASHI Hideo) フォト●平野 陽(HIRANO Akio)/神村 聖(KAMIMURA Satoshi) モデル●月城まゆ(TSUKISHIRO Mayu

標準的なSUVスタイルの「GLC」と、全高が低いクーペボ ディの「GLCクーペ」を設定。撮影車は3.0ℓV6ツインターボを搭載するAMGのハイパフォーマンスモデルで、21インチアルミホイールAMGスタイリングパッケージなどが標準で装備される。

■主要諸元 Mercedes-AMG GLC 43 4MATIC
全長×全幅×全高(㎜):4670×1931640
室内長×室内幅×室内高(㎜):―
ホイールベース(㎜):2875
レッド(㎜) 前/後:1635/1650
最低地上高(㎜):180
車両重量(㎏):1920
エンジン種類:V型6気筒DOHCツインターボ
総排気量(㏄):2996
最高出力(kW[㎰]/rpm):270[367]/5500-6000
最大トルク(Nm[㎏m]/rpm):520[53.0]/2500-4500
燃料タンク容量(ℓ):66(プレミアム
トランスミッション形式:9速AT
駆動方式:4WD
タイヤサイズ 前:255/45R20 後:285/40R20
最小回転半径(m):5.9
JC08モード燃費(㎞/ℓ):10.3
車両本体価格:896万円

h2先進安全装備
ミリ波レーダーを使用した予防安全機能のレーダーセーフティパッケージを全車に標準装備。ステアリングパイロット機能付きACCも備わり、アクセルブレーキだけでなく、操舵支援で高速走行をサポートする。
h2ボディカラー
h2居住性
後席:シート高685㎜
前席;助手席シート高670㎜

写真はオプションのレザーエクスクルーシブパッケージに含まれる本革シート。室内の居住性(特に後席の広さ)は「GLC」と「GLCクーペ」で少し異なるが、いずれの場合も高級SUVらしい広さとハイレベルな快適性は確保されている。

h2インパ
レザーと金属調加飾をふんだんに使用した上質でスポーティなインテリア。高解像度の8.4インチナビなど標準装備も充実。ちなみにジュネーブショーで発表された新型モデルには対話型インターフェースのMBUXが採用されている。
h2ラゲッジルーム
通常時:奥行き910㎜
後席格納時:奥行き1680㎜ 幅1080㎜ 高さ750㎜

このクラスになるとテールゲートの開け閉めも容易でなくなるが、GLCは全車に電動テールゲートを標準装備。後席には4対2対4分割可倒機構を備え、荷室側のレバーで簡単にシートバックを格納できる。「GLC」と「GLCクーペ」ではテールゲートの形状が異なり、開口部とフロアの天地スペースが広いのは「GLC」の方だ。

h2うれしい装備
オプションのレザーエクスクルーシブパッケージにはパノラミックスライディングルーフもセット。頭上を開放するサンルーフ機構も備わる。
COMANDコントローラーの上部には、指先で画面の操作ができるタッチパッドを装備。スクロール操作や手書き入力などに対応する。
パワートレーンやステアリングの制御を変更できるダイナミックセレクトを採用。Sport+など合計4つの走行モードから選択することができる。
h2バイヤーズガイド

“指名買い”をされるであろうAMGバージョンを除くと迷いそうなのがエンジン。数ある中でまず推奨したくなるのはやはりディーゼル。低回転域から生まれる40.8㎏mの大トルクは、重量級ボディとのマッチングに抜群に優れるからだ。

2.0ℓ直4ターボ、2.2ℓ直4ディーゼルターボ、2.0ℓハイブリッドの3種類を基本に、AMGモデルには3.0ℓV6ツインターボと4.0ℓV8ツインターボを設定。駆動方式はGLC200系のみFRで、そのほかは4WDとなる。