退団するリベリーが最終戦で芸術的ゴール ヘーネス会長にとって「息子のような存在」

 バイエルンは現地時間18日、ブンデスリーガ最終節で日本代表MF長谷部誠の所属するフランクフルトと対戦。5-1の大勝で見事に7連覇を達成した。

 今季限りで退団する元フランス代表MFフランク・リベリー、元オランダ代表MFアリエン・ロッベンの両翼が、途中出場でゴールを決めるというセンセーショナルを巻き起こした。ドイツの各メディアによると、バイエルンのウリ・ヘーネス会長はリベリーの出場と得点に、これ以上ないほどの喜びを感じていたという。

 ベンチスタートとなったリベリーは、後半16分にフランス代表MFキングスレー・コマンに代わって出場。そして同27分、ドイツ代表DFジョシュア・キミッヒから展開されたボールを左サイドで受けると、ドリブルでペナルティーエリア内へ進入し、ドイツ人DFダニー・ダ・コスタと対峙するなかでアルゼンチン人DFダビド・アブラアムがカバーに来たところでダブルタッチを発動させた。

 2タッチ目を横方向へ動かして2人の間を突破。距離を詰めて飛び込んできた元日本代表MF長谷部誠ドイツ代表GKケビントラップをあざわらうかのように、チップキックボールを浮かせてシュートを決めた。

 リベリーの得点後にはスタジアムがスタンディングオベーションで包まれるなか、ヘーネス会長は涙を見せていた。ドイツ紙「ビルト」は、ヘーネス会長はリベリーピッチに立った際にも涙を見せていたが、リベリーゴールを見て“ダムが決壊”と伝えている。

 試合の国際映像でも、人目もはばからず大泣きしている姿が映し出されている。記事によれば、ヘーネス会長にとってリベリーは「息子のような存在」だという。同会長が脱税の罪で服役していた際、選手の中で面会に来たのはリベリーだけだったと明かしている。

「こんな日に、こんな信じられないゴールを決めるなんて、彼を思うと嬉しくて…」

 ドイツメディアsport.de」は、ヘーネス会長のコメントを紹介。そこではリベリーゴール振り返りながら、クラブへ貢献してきた現役レジェンドへの愛情を吐露していた。

フランクがあのゴールを挙げた時、感極まってしまった。こんな日に、こんな信じられないゴールを決めるなんて、彼を思うと嬉しくて涙をこらえることができなかった。このところスタメンではないことに、彼がどれほど悲しんでいたかも知っていたから。彼が早い時間帯に投入され、彼らしいパフォーマンスを見せられるようにといつも願ってきた」

 ミュンヘンでの最後の試合芸術的ゴールを決めたことで、リベリーがどれだけクラブからもファンからも愛されてきたが示されることになった。(Football ZONE web編集部)

今季限りでバイエルンを退団するMFリベリー【写真:Getty Images】