開催地・英国のファイターも驚きの声「本物のモンスターじゃないか」

 ボクシングのWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は18日(日本時間19日)、ワールドボクシングスーパーシリーズWBSS)準決勝(スコットランド・グラスゴー)でIBF同級王者エマヌエル・ロドリゲスプエルトリコ)と対戦。2回1分19秒TKOで勝利を飾り、新たにIBF王座を獲得し2団体王者となった。無敗王者を259秒で破壊したモンスターの恐ろしさを地元・英国ファイターも「PFP最強パンチャー」「脱帽です」「本物のモンスターじゃないか」と絶賛の嵐を送っている。

 圧倒的な強さだった。2ラウンド開始30秒、2ラウンド開始30秒に井上は左のショートフックロドリゲスからダウンを奪うと、次は右のボディで2度目のダウン。鼻から鮮血を走らせたロドリゲスは茫然自失の表情でコーナーを見つめながら、首を横に何度も振った。そして、3度目のダウンでレフェリーストップ259秒で事実上の決勝にケリをつけた。

「The Monster」の規格外の強さに地元英国の名手たちもツイッター上で驚きの声を上げている。2013年1月、ゲンナジー・ゴロフキンカザフスタン)に敗れた元ミドル級欧州王者で、現在解説者を務めるマシュー・マックリンは自身のツイッターで「イノウエビーストだ!!!! ボクシング界のパウンド・フォー・パウンドで最強のパンチャーだ!!」と絶賛した。

バンタム級のみならずPFPでNO1」「イノウエは止めようがないね」

 一方、昨年5月のタイトルマッチで井上に1ラウンドKO負けを喫したジェイミー・マクドネルの双子の兄弟で、WBA世界スーパーバンタム級8位のギャビン・マクドネルも同調している。「イノウエが3人の世界王者を4ラウンドでまとめて倒しているのはクレイジー。脱帽だ。ドネアもパワーがあるので、決勝は最高な見ものになる。イノウエは個人的には止めようがないね」と大絶賛だ。

 その上で「イノウエバンタム級のみならず、パウンド・フォー・パウンドのNO1だろう。彼のようなやり方で、完勝を続けている他のチャンプの名前を挙げてみて欲しい。我々、軽量級は過小評価されている」とまで評価していた。英フェザー級のホープルシアンリードも「ナオヤ・イノウエは本物のモンスターじゃないか……やばすぎるパワー!」と驚きの顔文字を添えた。

 欧州初上陸で打ち立てた「グラスゴーの伝説」。ボクシングが盛んな英国ファイターも、よりリアルモンスターの強さを体感し、驚きを隠せない様子だった。(THE ANSWER編集部)

TKO勝ちを飾った井上尚弥【写真:Getty Images】