「何もしない」をするのだ。

もし「忙しさ」をステータスだと思い込んで所用に走り回り、ぎっしり詰まったTodoリストを消化しようとしているのなら、そんな日常は今すぐ捨て去ってしまったほうがいいだろう。

あなたが思っているほど忙しさは自慢にはなっていないし、その副作用うつ病を患うなどの健康被害につながる場合さえある。

そこから抜け出す方法はある。それはマインドフルネスでもなければ運動でもなく、さらに言えば健康的な食事を勧めるわけでもない。あなたがやるべきことは、ズバリ「何もしない」ことだ。オランダ人はこの行為のことを“niksen”と呼んでいる。

「何もしない」が最もクリエイティブ

Credit: pixabay

「何もしない」を定義するのは難しい。私たちは日々の生活の中で、常に何かをしているからだ。そこには「睡眠」さえも含まれる。

退屈について研究している心理学者Doreen Dodgen-Magee氏は、niksenについてエンジンはかかっているが、どこにも向かっていない車」に例えている。

より具体的に言えば、niksenはたとえば窓の外を眺めたり、座ってじっとしていることだけに時間とエネルギーを注ぐことを指し、見識の狭い者はそんな人の姿を「怠惰」だとか「時間の無駄」といった言葉でののしるかもしれないが、そうした批判はナンセンスとしか言いようがない。

概して私たちの文化の中では、何もしないでじっとしていることは奨励されず、これによってメンタルヘルスや幸福度や生産性などといった指標に悪影響が出ている。

Credit: pixabay

テクノロジーはこれを解決してくれない。スマートフォンを持つことで人々の何もしない時間が短くなったことは言うまでもないだろう。

実際に「無為な時間」のメリットは多岐にわたる。ある研究では、何もしない時間に避けられない「空想にふけること」は、私たちをよりクリエイティブにして、問題解決能力を向上してくれることが分かっている。

何もしない時間にクリエイティブさが増すといった事実は直感に反するものだが、私たちはその時間に最も余計なエネルギーを使っていないため、ある意味では最も生産性が高いといえるのだ。

そうはいっても、忙しさが美徳とされる文化の中で、急にそのサイクルを止めてしまうのはかなり勇気がいる行為になるだろう。そんな人のためにいくつかのヒントを用意したので、ぜひ参考にしてみて欲しい。

1.「何もしない」ことを目的とした時間を作る

Credit: pixabay

まずは自分がどの時間に最も生産性が高く、クリエイティブになり、どの時間に集中を途切らせてしまうのかを知ることが大切だ。

そしてあなたの集中が「オフ」になり始めたその時こそが、「何もしない」をするための最良のタイミングだ。その時間を作るために物事に優先順位を付けて、可能であれば作業を外注するのもアリだろう。

スキマ時間を有効活用するのも効果的だ。子どもが学校から帰ってくるまでの時間など、ちょっとした時間を「何もしない時間」に当てよう。

2.「忙しい世間」に抗う

Credit: pixabay

周りの空気に流されてはいけない。何もしないと決めたら本当に何もしては行けないのだ。

もし誰かがあなたに「何してるの?」と尋ねたら、自信を持って「何もしていないよ」と答えてあげよう。もしかすると罪悪感のような感情が込み上げてくるかもしれないが、そのときはniksenが怠惰の証ではなく、重要なスキルであることを思い出そう。

忙しさに慣れているあなたにとって、初めは苦痛に感じるかもしれないが、それを乗り越える価値がniksenにはあるのだ。

3.即効性を期待しない

Credit: pixabay

すべての学習には時間と労力がかかるように、「何もしない時間」から得られるメリットにも即効性を期待してはいけない。じっとしていることにも練習が必要であり、エクササイズと同じようなものであるということを理解しておこう。

つまり、これはトレーニング・ルーティーンと同様に、最初は筋肉痛を伴うが、筋力がついてくれば、同じ運動であっても余裕を持って気分良くおこなうことができるようになるということだ。

4.環境を整える

Credit: Victor Hughes on Unsplash

あなたが身を置いている環境によって、あなたがどの程度「何もしない」をできるかが変わってくる。まずは家でも職場でも、落ち着ける空間を作って物理的なスペースを確保しよう。

さらに、スマートフォンなどのデバイスは手の届かない場所に置き、あなただけの「niksenエリア」を完成させよう。居心地の良いソファやアームチェア、クッションやブランケットを用意するのもいいだろう。

大型テレビにお金をかけるよりは、気に入った家具に囲まれた空間を目指してみよう。

5.「何もしない」を工夫をする

Credit: Niklas Hamann on Unsplash

何らかの事情で家や職場に落ち着いた空間が作れない人は、公園に行ったりスパを予約したり、とにかく何としても自分だけの時間と空間を確保しよう。

また、友人を家に招いて一緒に「何もしない」をする「退屈パーティー」を主催することも奨励されている。

どうしても「何もしない」が苦手な人は、粘土やルービックキューブなどの終わりのない遊びに興じてみてもいいだろう。とにかく自分に合った「何もしない」を見つけることが重要だ。

 

「何もしない」ライフハック 。オランダ発の“niksen” とは?