5月18日(土)、下野紘が東京・ニューピアホールにて『HIRO SHIMONO Reading&Mini Live 2019 〜sympathy〜』昼の部・夜の部を2回公演で開催した。

開演とともにステージ上のスクリーンには街並みに佇む下野の姿が映し出される。続いてステージに下野が登場し、リーディング=朗読がスタートした。今回のイベントは、3月20日(水)にきゃにめ限定シングルとしてリリースした「sympathy」との連動企画で、同作に収録された楽曲やモノローグリンクした構成されている。そのため、「sympathy」が意味する「思いやり」「同感」「共鳴」といったワードにあわせた映像や朗読パートが組み込まれた。

コミカルシチュエーションからのシリアス展開に客席が息をのむ中、「Pleasure」でミニライブの幕が上がる。続く「約束」では会場がペンライトの赤で真っ赤に染まり、そのまま「Coloors」へ。立て続けに3曲を披露し、歌唱が終わると映像パートに突入。怒涛の展開が、会場全体を「sympathy」の世界へと誘う。


時代劇撮影現場」の映像に観客が驚く暇もなく、再びライブパートへ。「Ever Red」「Fellow Yellow」「Violet phantom」の3曲が続くと、客席もタイトルに含まれたそれぞれの色にペンライトを切り替えて、下野の歌を盛り上げていく。

ライブパートが終わると、今度は映像パートを挟んでの朗読パート。10分を超える下野の朗読に観客が聞き惚れる中、再び街並みの映像が映し出される。そして、下野は今回のイベントメインとも言える「sympathy」を満を持して披露した。

「これでイベント終了か?」と思わせたところで、映像パートのオフショットが上映。ボーダーのTシャツ着替えた下野がステージに。ここまで歌と朗読以外では一言も声を発しなかった下野が、この日初めて客席に挨拶の言葉を投げかけ、エンディングトークスタート。そして、バンド紹介を挟んで、最後のライブパートへ。観客を立ち上がらせての「Pleasure」、そして「sympathy」のあらためての熱唱で、およそ1時間30分にわたるイベントを締めくくった。

夜の部では、イベント終了後に下野が舞台へ再度登場するというサプライズ演出も。再び「sympathy」を披露し、会場のファンと最後まで一体感の溢れるステージを作り上げていた。