top


 あちこちに亀裂が入った岩だらけの場所や、どこまでも続く急峻な尾根の連なりなど、奇妙な無人の風景を淡々と巡る宇宙飛行士。

 彼が訪れるさまざまな場所は、時や空間を超越した異界のようだ。だが実はそれらすべてが地球のリアルな地形なのだ。

 このショートフィルムは、風変わりな地形に魅せられたアメリカの写真家アンドリュー・スチューダーが手がけたもの。

 今ここにあるユニークな景色をいつまでも残したい、という願いが込められた地上の異世界映像を堪能しよう。

―あわせて読みたい―

これが地球?SF的異世界が展開されているトゥファ(炭酸塩堆積物)のある光景
南極の氷の下はどうなってるの?潜ってみたら意外とカラフルな異世界探訪
地球内異世界探訪。苔むした溶岩があたり一面に広がる「エルドフロインの溶岩原」(アイスランド)
国家まるごとファンタジー。魔法をかけられたような気分を味わえる、おとぎの国、アイスランドの超絶風景
身近にあるものを使って、ファンタスティックな風景を作り出す、魔法のジオラマアート「異世界(Strange Worlds)」プロジェクト

SPACE TO ROAM | DJI Mavic Pro 2 4K

アメリカの地形を巡る宇宙飛行士

 写真家のアンドリュー・スチューダーが手がけたショートフィルムSpace to Roam」では、オレンジ色の宇宙服を着た謎の宇宙飛行士が、アメリカ南西部にみられる珍しい地形を巡っている。

2


 異世界案内人のような宇宙飛行士役を務めたカイル・ハーグはアンドリューの友人だ。

10


 映像を盛り上げる幻想的な音楽は、ワシントンシアトル出身の人気アーティストODESZAが提供した楽曲だ。

5


景観を守り、自然を愛する者へのオマージュ


 貴重な風景の保護に熱心なアンドリューは、ここならではの多様な地形やユニークな地質構造、超自然的な眺めに触発されてこの映像を作った。

7


 その終わりには、今回撮影したそれぞれの地域の管理者を称えるメッセージと、制作中に他界したカイルの祖母への弔辞がさりげなく添えられている。

22


 「Space to Roam」は単なるショートフィルムではなく、素晴らしい景観の維持に励む人々や、自然をこよなく愛した故人に捧げるオマージュでもあるのだ。

References:instagram / youtubeなど /written by D/ edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52274387.html
 

こちらもオススメ!

―動画の紹介記事―

えっ、まさか生きていたの?決死の「死んだふり」でまんまとライオンから逃れたリカオン
得する犬、損する犬。犬待望のおやつタイム。飼い主が順番におやつを与えるも、あれれ?なんか得してる犬が1匹いるぞ?
天界どうした?堕天使が落ちてきたと話題となっている動画(アメリカ)
サーカスにいたゾウたち、リタイアを経て22年ぶりの再会。感動の再会に関する海外の反応
「タコ様、こちらの物件はいかがでしょうか?」タコの家探しを手伝ったダイバー。最適の物件(貝殻)が決まってタコ満足

―自然・廃墟・宇宙についての記事―

悲劇の原発事故から33年。チェルノブイリは今、野生動物たちの王国へ(ウクライナ)
グリーンランドに異変。国内最大の氷河が融け大きな池が観察される
2029年4月、13日の金曜日、邪神の名を持つ小惑星「アポフィス」が地球に大接近
極小のブラックホールが地球の中心に存在するという説を主張する元NASAの科学者
月の正体は、原始の地球を覆っていたマグマオーシャンが固まったものかもしれない(日本研究)
アメリカの異世界的光景が広がる地域を宇宙服を着て探訪するショートフィルム「Space to Roam」