5月16日放送のフジテレビ系『VS嵐』に出演した嵐・櫻井翔が、自身の苦手とするバク転について語った。

【別の記事】嵐・櫻井、メンバーとの食事に使われる”嵐システム”を告白

今回は嵐の対戦相手として、芸能事務所『人力舎』の芸人で構成された“チーム人力舎”が登場。さらに嵐チームには“プラスワンゲスト”としてV6・坂本昌行が参加し、様々なゲームを繰り広げた。

番組内で「“ジャニーズ事務所あるある”あったりしますか?」という質問が投げかけられると、相葉雅紀が「『ジャニーズの人はみんなバク転できる』って、あれ嘘だよね。結構“都市伝説”であるじゃん」と答え、続けて櫻井が「たぶんね、都市伝説だということが実証されたのが俺のおかげだと思う」と切り出した。

スタジオから笑いが起きる中、櫻井は「だって、僕らはV6先輩の直系の後輩なわけですよ。W杯バレーワールドカップバレーボール)っていう意味でも4年後にデビューしてますし。ずーっと後ろで踊ってた」と、V6のバックを務めていた自身のジャニーズJr.時代について語ると「V6はもうほんとにアクロバットすごいんですよね。(バク転を)全員出来ると。だから(ジャニーズ)Jr.もできなきゃならん、と。先輩がバク転してるからっつって、全員でバク転するって曲が生まれたんですよ」と振り返った。

そして「そこで僕は初めて『俺はどこまでいってもバク転ができねえんだ』ってことになったわけ。これできないです、俺バク転できない」と明かし「そこで証明されたの。『あ、できなくてもまだ(ジャニーズで)いられるんだ』」と、バク転が出来なくてもジャニーズでいられることを自身が証明したと語ると、スタジオは笑いと拍手に包まれた。

また「(バク転)できない人に勇気与えたのね」とアンタッチャブル山崎弘也がコメントすると、櫻井は「あとに続くできないやつらに夢を与えた!」と得意げ答えた。

嵐・櫻井翔が都市伝説だと証明した"ジャニーズあるある"にアンタ山崎「勇気与えた」