スマートフォンを使う女性Yue_/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

不倫に走る理由は人ぞれぞれ。中には、パートナーから不倫を指摘されても気にしない人もいるという。このことについて、『Yahoo!知恵袋』に投稿されたとあるトピックが話題になっている。

 

■アラフォー妻が不倫

投稿者の男性は、40歳手前の妻の不倫について訴える。

妻は出会い系サイトで知り合った男性と一年ほど不倫しており、投稿者は半年ほど前から気づいており注意をしていたとのこと。しかし、妻は聞く耳を持たずダラダラと不倫を続けていたようだ。

高校生の息子と中学生の娘も不倫に気づき、つらい思いをしていたという。

 

■不倫に走った原因は「モラハラ発言」

気になる相手の男性も妻子持ちの中年男性。ふたりは毎月旅行へ出かけ、月に2回はホテルに行って朝帰りとのこと。

パートナーと子供がいるにもかかわらず不倫をするふたりだが、不倫に走った理由は妻曰く投稿者の「モラハラ発言」が原因とのこと。妻が家事をしないこと、だらしない性格であることを投稿者が指摘したところモラハラだと言ってきたという。

また、妻は出会い系がなくとも投稿者とは離婚をするつもりだったよう。投稿者はユーザーたちに「それならば先に離婚をしてほしかった」「理由がわかりません」と意見を求めた。

■「出会い系」はきっかけにすぎない?

出会い系サイトアプリを利用して不倫に走る理由について意見を求める投稿者に、ユーザーからはさまざまな声が寄せられた。

「家庭に不満はなくても、する人はいそう。まぁ子供のこと考えたらできないと思いますけど」

 

たまたま手段が出会い系だっただけの事で、きっかけなど、どうでも良かったんじゃないの?」

 

また、どこか妻の不倫を他人事のように考えている投稿者に疑問の声も。

「主さんの責任がほとんどだと思うのですが。この文面からも他人事感が伝わってくるし、注意したのですが聞く耳持たないって、なにそれ」

 

■不倫されたら即離婚?

妻の不倫に気づきながら注意で済ませていた投稿者だが、世間の中にはパートナーの不倫を知った時点で「即離婚」という人もいるだろう。

しらべぇ編集部が全国20〜60代の既婚男女671名に「パートナーの不倫」について調査したところ、約7割が「即離婚を決断する」と回答している。

投稿者のモラハラ発言によって出会い系に走ったという妻。彼女の言い分もあるかもしれないが、不倫によって自分や相手の家族を傷つけていることに気づいてほしい。

・合わせて読みたい→学生時代のいじめ加害者をSNSで発見 そこで見た投稿に「復讐心に取り憑かれそう」

(文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2018年7月13日2018年7月17日
対象:全国20代~60代の既婚者671名 (有効回答数)

出会い系でダブル不倫に走った妻 夫から注意されても止めなかった理由とは…