ソフトバンクは5回降雨コールドで勝利、4回2失点のミランダが3勝目

 パ・リーグは19日、全3試合が行われ、ソフトバンク、楽天、西武がそれぞれ勝利した。西武のドラフト1位ルーキー松本航投手はプロ初登板初勝利を挙げた。

 西武は敵地でのオリックス戦を9-3で勝利しカード勝ち越し。先発のドラフト1位ルーキー松本航は5回4安打2失点でプロ初勝利を挙げた。打線は3回に外崎の中前適時打で先制すると4回には栗山、木村の連続タイムリーリードを広げた。1点差の7回には森が6号満塁ホームランを放ち試合を決めた。オリックスは先発のエップラーが3回2/3、8安打3失点で2敗目を喫した。

 ソフトバンク鹿児島での日本ハム戦に4-2で勝利。5回降雨コールドとなったことで、4回6安打2失点で降板したミランダに白星がつき3勝目。5回に1イニングを無失点に抑えた2番手の武田にセーブがつくという“珍事”。日本ハムは雨に泣き連敗となった。

 楽天は敵地でのロッテ戦を10-5で快勝。3カードぶりに勝ち越しを決め2位に浮上した。同点の7回に浅村、ウィーラーの2試合連続本塁打で勝ち越しに成功すると、勢いに乗った打線は9回にも3点を挙げ10得点。6回に3番手として登板した青山が今季初勝利。ロッテは連敗で3位に転落した。(Full-Count編集部)

プロ初勝利を挙げた西武・松本航(右)と辻監督【写真:安藤かなみ】