経産省キャリア官僚が覚せい剤で逮捕。なのにメディアは……
 経産省のキャリア官僚が、省内で覚せい剤を密輸し、省内で使用していたことが発覚し、覚せい剤取締法違反(輸入、使用)で同省製造産業局自動車課課長補佐、西田哲也容疑者が警視庁に逮捕されました。

 しかし、電気グルーヴピエール瀧被告が逮捕されたとき、彼の作品もすべてお蔵入りし、一挙一動を執拗に追求し、友人である石野卓球氏と笑顔のツーショットが出れば文句を言っていたメディアはだんまりを決め込んでいます。

 まったく不公平ではありませんか。

 そこで今回は、「経産省のキャリア官僚が覚醒剤で逮捕されたのに、報道がぬるすぎ!ピエール瀧事件以上に報じなきゃダメだろ!」問題をマンガにしました!

ピエール瀧被告のときは相方の連帯責任まで問われたが……

経産省キャリアが覚せい剤! 大きく報道されるかと思いきや……

◆言いたいことは唯一つ。違うだろ~!

◆『ぼうごなつこの「にっぽんのせいじか」』

<漫画/ぼうごなつこ Twitter ID:@nasukoB

1974年神奈川生まれ。まんが家・イラストレーター 『子どもの心に寄り添って~被災した子どもの心のケア(NPO法人キッズドア)』『知ってはいけない 隠された日本支配の構造(講談社現代新書)』『女政治家の通信簿(小学館新書)』などでまんが・イラストを担当