エイバル戦で2ゴールを挙げたメッシ、今季36ゴールで3年連続得点王を獲得

 バルセロナアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは現地時間19日に行われたリーガ・エスパニョーラ最終節エイバル戦で2ゴールを挙げ、今シーズンリーガでのゴール数を「36」として、3年連続となるピチーチ(得点王)が決まった。クラブの公式サイトによると、得点王を獲得した回数が歴代1位タイになったという。

 この日のバルサは怪我の影響でシーズンをすでに終えているウルグアイ代表FWルイス・スアレスらが不在のなかでキックオフを迎えた。前半20分にエイバルのMFマークククレラに先制点を許したものの、前半31分、32分と立て続けにメッシの決定力が炸裂する。

 チリ代表MFアルトゥーロ・ビダルのスルーパスを受けて冷静に同点弾を流し込んだメッシは、その1分後にもロングフィードを受け、相手GKの位置を見極めた心憎いシュートで2点目をゲットした。

 試合は前半終了間際にMFパブロ・デ・ブラシスに同点ゴールを許し、試合はそのまま2-2の引き分けに終わった。それでもメッシは出場34試合で36得点をマーク。2位のスアレス、元フランス代表FWカリム・ベンゼマレアル・マドリード)の21得点に「15」差をつける圧倒的なパフォーマンスだった。

 クラブの公式サイトによると、今回のピチーチ獲得は二つの偉業となった。通算6度目の獲得はリーガの伝説ストライカーであるザラと並ぶ歴代1位タイの記録。そして3年連続での得点王はレアルに所属した元メキシコ代表FWウーゴ・サンチェス1986年~88年までに達成して以来の偉業となった。

 バルサUEFAチャンピオンズリーグ(CL)準決勝リバプール戦でショッキングな逆転負けを喫し、メッシを含めて精神的ダメージは大きい。とはいえスペイン国王杯(決勝25日バレンシア)を制すれば、2年連続国内2冠となる。シーズン通じてハイパフォーマンスを見せた新キャプテンが、今季ラストゲームでも輝きを放つだろうか。(Football ZONE web編集部)

エイバル戦で2ゴールを決めたメッシ【写真:Getty Images】