新潟市NGT48劇場で5月18日に行われた『「太陽は何度でも」公演~菅原りこ・長谷川玲奈・山口真帆 卒業公演~』指原莉乃が観に来ていたことが分かった。『AKB48 SHOW!』などを手掛け48グループをよく知るNHKエンタープライズの石原真プロデューサーが、Twitterにて『太陽は何度でも』公演の会場で指原莉乃の近くに座り、行きも帰りも同じ新幹線だったことを明かしている。

しかも彼が劇場を出る際に「じゃあ」と別れたものの、すぐに新幹線ホームで顔を合わせ「お、おー」と苦笑いしたというつぶやきに、フォロワーが「指原さん新潟にいたのですか?」、「ん、さっしーNGT48劇場にいたと?」とざわついた。

石原プロデューサーによると、「しのぶさんの隣で普通に見てましたよ。振り返ると目が合うくらいの距離で。みんなステージに釘付けだったから。ちなみに本人は何も発言しないと思います。そんな感じでした」という。

フォロワーからは「立ち見下手だったのでしのぶさん、石原さん、さっしーが2回ほど通路を通るのを見ました。さっしーありがと」というツイートがあり、指原莉乃に気づいた人もいるようだ。

石原プロデューサーの投稿には、「さっしーやるねっか!」、「さっしーも新潟に? びっくりしました。やっぱり最後まで気になってたんですね」、「これからのことはさておき、卒業メンバー嬉しかったでしょう」、「石原さん、しのぶさんや莉乃ちゃんに見守っていただけたということがとても意味のあることと思いました」、「発言なんか要らない、さっしーが居たという事実がどれだけまほほん達に気持ちが伝わり運営に戒めになったかと思うとさ」などの反響が寄せられている。

画像2枚目は『石原真 2019年5月18日Twitter「太陽は何度でも(新曲 卒業ソング)」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト