1928年5月21日、西アフリカのアクラ(現在のガーナの首都)で、アメリカロックフェラー医学研究所から当地に赴任していた細菌学者の野口英世が51歳で死去した。いまから91年前のきょうのできごとである。野口はアフリカに黄熱病の研究のため赴いたが、自らも感染して命を落とした。

北里の伝染病研究所に在籍していた野口

 野口英世は2004年より千円札にその肖像が使われてきた。先ごろ、現行紙幣のデザイン2024年をめどに一新されることが発表され、千円札の肖像は野口から、同じく細菌学者の北里柴三郎に変更されることになった。野口は20代前半の数年間、北里が所長を務めていた伝染病研究所に在籍している。それだけに今回の千円札の肖像変更は、弟子から師匠へのバトンタッチともいえる。

 野口は1898年に順天堂医院から伝染病研究所に移り、見習格という下級助手の身分ながら13円もの破格の月給を得ることになった(※1)。翌99年にジョンズ・ホプキンス大学の病理学教授サイモン・フレクスナーが来日したときには、北里から通訳・案内役を任されている。

 とはいえ、伝染病研究所は野口にとってけっして居心地のいい場所ではなかったようだ。福島県の貧しい農家に生まれ育った彼は、大学や医学校で学ぶことはかなわず、高等小学校卒業後、地元の医院などで修業しながら苦学して開業医試験に合格した。これに対し、伝染病研究所の所員の多くは東京帝国大学出身だった。そのため、学閥の壁に阻まれることもしばしばだった。さらにフレクスナー来日の直後には、野口が図書室の高価な医学書を友人に貸したところ売却されるという事件が発覚する。このため所内では、浪費家の野口が金に困って自分で売ったのではないかとの噂も立つ。濡れ衣だが、野口が日頃の不満から遊蕩癖があったのは事実だった。すっかり仕事を干された野口を、北里は横浜の海港検疫所に出向させる。

日本を飛び出した弟子を讃えた北里

 野口は横浜で、入港した船からペストらしき患者を発見した。それが評価され、清国でペストが発生すると、伝染病研究所が派遣した医師団への参加を北里から命じられる。この清国滞在中、野口は欧米人医師団に伍して働き、国際人として生きていく自信をつけた。派遣団に参加した時点ですでに検疫所をやめていた彼は、帰国しても伝染病研究所に戻ることなく、渡米の準備を進め、翌1900年には日本を離れた。アメリカに着くとすぐ、研究所時代に会ったフレクスナー(当時ペンシルベニア大教授)のもとへ押しかけ、懇願して助手につけてもらった。

 それから15年後の1915年、フレクスナーが研究部長となったロックフェラー医学研究所で数々の業績をあげていた野口は、学士院賞恩賜賞の受賞をきっかけに久々に帰国する。そのとき北里は、《野口君が今日あるのは朋友相排し圧迫と猜疑をもって迫害を加える日本と違って、才能をのばす大研究所で仕事ができたからである》と、学閥が支配する日本を飛び出して成功したかつての弟子を讃えた(※2)。北里は、母校である東京帝大から長らく冷遇され、1914年には伝染病研究所が内務省から文部省に移管される(のちに東大付属となる)のに反対して辞職、私財をなげうって北里研究所を設立していた。野口への賛辞には、東大と対決姿勢をとる北里の心情もうかがえる。

なぜ野口はノーベル賞を獲れなかったのか

 野口英世は、ノーベル生理学医学賞にもたびたびノミネートされている。初めて同賞候補として推薦リストに名前が出たのは1913年、以来9回にわたって、のべ24人の世界の第一級の研究者から推薦を受けたことがわかっている。1914年、15年、20年には最終選考にまで残り、とくに1915年は受賞の可能性がもっとも高かったともいわれる(※3)。だが、結局、この年から1918年までの4年間、ノーベル生理学医学賞第一次世界大戦を理由に「該当者なし」となる。

 ただし、スウェーデンウイルス学者で、1973年から約20年間ノーベル生理学医学賞の選考にも携わったアーリング・ノルビがノーベル文書館所蔵の公開記録文書を調べたところ、ノーベル賞の選考委員は、野口について精査の末、賞を授与しなかったことがわかったという。ノルビによれば、1914年と1915年には、カロリンスカ研究所の病理学教授カール・スンドベリが、フレクスナーと野口両者の研究を詳細に調査して検討したものの、賞にふさわしいとは見なされなかった。さらに10年後の1925年、野口が8人から推薦を受けたため、ノーベル委員会は法医学教授グンナル・ヘドレンに新たに徹底的な調査を行わせたが、《幸いなことにヘドレンもノーベル委員会も、自分の仮説を熱心に説く野口に惑わされなかった》という(※4)。

 そもそも野口の研究には、梅毒スピロヘータ(梅毒の病原体となる細菌)の脳内存在の確認など現在も大きな業績として認められるものがある一方で、実験で発見したものには追試できないことがのちに発覚し、否定されたものも少なくない。彼が罹患して命を落とすことになった黄熱病の研究もその一つである。

「尊敬する人物は福沢諭吉である」

 野口は1918年、南米エクアドルにおける黄熱病の流行を受け、ロックフェラー財団(ロックフェラー研究所とは独立した組織)の調査団に参加、翌年、レプトスピラ(細菌類スピロヘータ科の一属)を黄熱病の病原体として発表していた。だが、1927年夏、ロックフェラー財団が西アフリカのナイジェリアに設置した実験所で、イギリス人研究者エイドリアンストークスらが、黄熱病患者から採取した物質でサルを感染させることに成功、ここから黄熱病が細菌よりも微小な病原体(ウイルス)によるものであることが確認される。

 それでもレプトスピラが黄熱病の原因だと信じていた野口は、自説を証明すべく1927年11月ロックフェラー財団の実験所の出張所のあるアクラに赴いたのだった。その直前の9月には、先述の実験に成功したストークスが黄熱病で亡くなっていた。野口はストークスに続く殉職者となり、野口を検死解剖した実験所の所長のW.A.ヤングもまた黄熱病のため、直後の5月29日に死亡している。

 思うような成果が得られないまま、病床に就いた野口は、亡くなる8日前、見舞いに訪れたヤングに「君は大丈夫か?」と訊ねた。ヤングが「大丈夫です」と答えると、野口は「どうもぼくにはわからない」とつぶやいたという。それが彼の最後の言葉となった(※5)。

 野口は生前、アメリカを訪れた若い日本人に、自分の尊敬する人物は福沢諭吉であると話したことがあったという。福沢は、北里柴三郎が伝染病研究所を設置するにあたり出資している。科学史家の中山茂はここから、《彼は北里のスポンサーになって伝染病研究所をつくった福沢の功績を買い、自分にも福沢のような学問の理解者が日本にあらわれて研究所を作って日本によびもどしてくれたら、という直接的な願望を持ったであろう》と推察する(※5)。もし、野口が長命を保ったとして、日本に戻り、北里のように母国で多くの後身を育てる将来もあったのだろうか。

 

※1 星亮一『野口英世 波乱の生涯』(三修社)
※2 長木大三『北里柴三郎とその一門』(慶應通信)
※3 馬場錬成『ノーベル賞100年 自然科学三賞でたどる科学史[増補版]』(中公新書)
※4 アーリング・ノルビ『ノーベル賞はこうして決まる 選考者が語る自然科学三賞の真実』(千葉喜久枝訳、創元社
※5 中山茂『野口英世』(岩波書店・同時代ライブラリー)

(近藤 正高)

1928年の5月21日に英領ゴールド・コースト(現ガーナ)で黄熱病のため死去した野口英世 ©AFLO