no title

 チェコプラハ旧市街の中心地、マラー・ストラナ地区には、中世の街並みをそのまま残した歴史的建造物も多く、どこへ行っても石畳の狭い路地にぶつかるが、その中でも特に細い道がある。

 どうがんばっても大人がすれ違うことができないくらいその狭い通りは「ヴィナルナ・チェルトフカ(Vinarna Certovka)」と呼ばれている。

 その幅はわずか50センチほど(70センチという説もあり)、カレル橋に近いいくつかの建物の間を抜けて、およそ10メートルほど続いていて、ウ・ルジツケーホ・セミナージェ通りからチェルトフカ運河のほとりにあるレストランまで石段になっている。

―あわせて読みたい―

最少は年間1,000人。とても美しいのに世界で最も観光客が少ない国12
行くなら要注意。2018年、旅行者にとって危険な20の国
日本のあそこがトップ。海外サイトが選んだ「地球上で最も不気味な場所ベスト15」
あの名所には秘密がある。世界11の建造物に隠された秘密の場所
おとぎの国に入り込んだ気分になれる世界18のファンタジースポット


The most narrow street in Prague | Prague Travel Scrapbook

狭すぎるので歩行者用信号者を設置

 この極細の通りの両端には、歩行者のためにそれぞれ信号機が設置されている。この通りはいつの間にか観光客の名所となり、皆ここで写真や動画を撮影する。

 でも、ちゃんと信号機ボタンを押してから通らないと、反対側から来る人とぶつかってしまうことになる。

1_e0


3_e0

 「ある時、ものすごく太ったドイツ人観光客が、この通りの途中でひっかかって、身動きがとれなくなってしまったんだ」チェルトフカ・レストランオーナーは語る。

 「彼女は前に進むことも、後ろに引き返すこともできず、にっちもさっちもいかなくなってしまった。人の手をかりて押したり引いたりしてもダメ。しまいには、彼女に石鹸をつけて滑りをよくして救出しなくてはならないはめになった」とのこと。

 ここを通るためにはそれなりの体重管理が必要となりそうだ。

4_e0


 マラー・ストラナ地区は高台にプラハ城見える城下町でその中世から続く町並みはとてもロマンチック美しい。一度このプラハの「奥の細道」を通ってみたいものだ。

References:Prague’s Narrowest Street is So Narrow it Has Traffic Lights For Pedestrians / written by konohazuku / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52274441.html
 

こちらもオススメ!

―動画の紹介記事―

1個じゃ足りない、2個でもまだだ。どうしても3個欲しいんじゃい!よくばりリスのがんばりがわかる動画
突然激しい頭痛に襲われ意識不明に。目覚めると過去38年間の記憶が失われていた女性(アメリカ)
犬の母性は天井しらず。凍える夜に野良犬が抱いていたのは、自身の子犬と人間の赤ちゃんだった
「妻のいる家に帰るぐらいなら刑務所に入りたい」そうして男は高速道路を暴走し無事(?)逮捕される(アメリカ)
戦場に取り残された動物園の動物たちを救うため、危険地域を飛び回る日々を送るヨルダンの獣医師たちの物語

―歴史・文化についての記事―

歴史を象徴する5枚の有名な写真の真実。実はどれも捏造されていた。
何度目の正直?またしてもヴォイニッチ手稿の解読に成功したとの報告。暗号ではなく古いロマンス祖語説(英研究)
230年前の岩に刻まれた暗号文を解け!解読者には懸賞金(フランス)
アメリカの処方箋医薬品は日本・イギリス・カナダに比べて約4倍高い(米研究)
中世のトイレって・・・イギリスで発見された12世紀のトイレを詳しく分析したところ、利用者が特定できた!
人がすれ違えないほど狭いので信号が設置された、チェコ・プラハで一番細い道