5月19日ジャニーズ事務所Hey!Say!JUMPアリーナ会場でのコンサートを見送ると発表した。その原因となったのは、一部ファンの悪質なマナー違反だという。

ジャニーズは今回、毎年恒例だったJUMPアリーナツアーを見送ると公式サイトで発表しました。同事務所は以前から、ファン新幹線の車内でタレントの近くに留まり、通行を妨げるマナー違反や、スタッフに対しエアガンを発砲するなどの迷惑行為に注意喚起してきたものの、改善されなかったため、今回の決断に至ったようです」(芸能記者)

 ファンの迷惑行為に関しては過去、メンバーの八乙女光も公式ブログにて「関係のない人に危害を加えてしまうと、そのうちにジャンプライブの移動は危ないからって警告を受けて、まだまだ行きたい場所も行けなくなると思うの」と警鐘を鳴らしていたが、それが現実のものとなってしまったようだ。

 そんな中、今回の事態を受け一部のJUMPファンは、過去のKing & Princeファンマナー違反を蒸し返す事態になっているという。

キンプリといえば昨年、宮城でコンサートを行った帰り、仙台駅ホームに多くのファンが殺到。一部ファンが駅員の注意を無視して、メンバーの座る場所の窓を叩くなどしたことで、新幹線の遅延が発生する事態となりました。そのため、JUMPファンからは『キンプリファンだって交通マナーで問題になったのに、JUMPだけ中止なのはおかしくない?』『とびっこよりティアラの方がマナー悪い!』『キンプリファンのせいでもあるよね』と、他グループファンマナーを追求する発言も飛び交い、ファン同士が争う事態も一部で起きています」(前出・芸能記者)

 今回の公演見送りによって、他のグループにもそれが飛び火することになるかもしれない。

アサジョ