5月21日(火)の「セブンルール」(毎週火曜夜11:00-11:30、フジテレビ系)では、「吉本新喜劇」初の女性座長・酒井藍のセブンルールに迫る。

【写真を見る】テレビや舞台では見せることのない、酒井藍の緊迫した表情

“藍ちゃん”の愛称で親しまれる酒井は歴代最年少で座長に就任し、今年で2年目。

奈良出身の彼女は物心ついた頃から吉本新喜劇のとりこになり、高校生のときには自然と芸人を目指すが、両親の反対にあい一度は警察官に。しかし夢を諦めきれず1年半で退職し、芸人となって吉本新喜劇に入団した経緯を持つ。

吉本新喜劇の座長は舞台の主役であるだけでなく、台本制作、キャスティング、演出に至るまで全てを担う大役だ。番組ではそんな酒井に密着し、2週間後に控えた新作の準備から当日までの様子を追う。

吉本新喜劇は毎回新作を上演するため、酒井は複数の台本を同時進行で進めながら、打ち合わせを重ねていく。さらに、本番稽古は前日の夜に行われる一度のみ。舞台裏では思わぬトラブルも発生するなど、不安や葛藤にさいなまれる日々を送っている。

テレビイベントの仕事もあり多忙な酒井だが、ファンに会う時は「夢を壊したくない」と、常に笑顔を絶やさない。そんな酒井のセブンルールを紹介する。

なお、スタジオでは夫婦間の給料の話に。詩人である夫・御徒町凧の明細を把握しているという本谷有希子に対し、妻・優香の収入を全く知らないという青木崇高。その理由に、スタジオでは笑いが起きる。(ザテレビジョン

笑顔がトレードマークな藍ちゃんの、真剣な“裏の顔”に迫る!