ベテラン女優・藤原紀香。実は今年で48歳を迎え、やはり健康面にはかなり気をつかっているのか、ブログには仕事に関する話題のほかに現在使っている健康商品などについて詳しく書かれています。



(画像:藤原紀香公式ブログより)



 5月5日アップされた記事では、“宝石水”なるものにハマっていることを報告し、話題を呼びました。


◆鉱石のエネルギーを移した「宝石水」を飲む紀香
 藤原紀香といえば、一時期は“水素水”にハマっていたことで有名ですが、また新たな水をブログで紹介しました。紀香さんの説明によれば「お気に入りの酸素水をボトルの中に入れて、鉱石のエネルギーと合体させて」飲む…“宝石水(鉱石水)”です。


 この宝石水とはどのようなものなのでしょうか。水にこだわってきた紀香さんいわく、「水の中に天然の鉱石を入れ、そのエネルギーを活用することは、古代ギリシャ時代から親しまれてきたそう」で、「鉱石にはそれぞれ意味があるので、今の自身に必要なエナジーの石を選ぶと良いですよね」と綴っています。


-



 この宝石水、透明のボトルの中にガラスに覆われたパワーストーン(鉱石)が入っており、そこに水を注いで飲むようですが、鉱石を覆うガラスは「すべて、環境保護のために鉛を一切使わない工程で作られたボヘミアガラス、なのも安心」とのこと。


 てっきり鉱石を投入することでミネラル成分でも溶け出すのかと思いきや、鉱石はガラスケースに覆われていて、直接水と接することはないのです。
 リンクされた商品の公式サイトの説明によれば、「エネルギーの波動を水に転写」とのことで、以前からある「波動水」の系統のようですね。


 ボトル入り「宝石水」のお値段は、500mlでなんと1万5600円〜5万3000円!紀香さんがブログに載せていたのは、インカローズ・クリアクオーツ入りの水で2万5000円、普通のミネラルウォーターの約250倍です…。


水素水も「効果ナシ」だったのに…
 紀香さんといえば、水素水にハマっていたことが知られています。2015年5月に放送された、バラエティ番組『金曜プレミアムバナナマンの独占密着! スターの決断~決断は金曜日SP~』(フジテレビ系)に出演した際にも、「水素はすごくこれからの人間を救っていく」と熱心な発言をしていたのが印象的です。



ケータイ水素マルチポッド malloon楽天での販売価格81,000円 (税込)(画像:「紀香バディ!コム」販売ページより)



 水素水とは、簡単にいえば“水素の入った水”です。味も一般的な水と同じです。


 肝心の効果ですが、国立健康・栄養研究所の16年6月10日発表によれば、「俗に、『活性酸素を除去する』『がんを予防する』『ダイエット効果がある』などと言われているが、ヒトでの有効性について信頼できる十分なデータが見当たらない」とのこと。


 また、国民生活センターは、水素水に関する相談が11年度以降増え続けていることを受けて報告書を出しており、その中で、「『アトピーに 痒(かゆ)い部分に水素水をつけて下さい』など健康保持増進効果等と受け取れる記載があり、医薬品医療機器等法や健康増進法や景品表示法に抵触するおそれがありました」と記載し、行政にむけて「事業者に対し、表示の改善を指導するよう要望します」としました。


◆紀香の水ハマり遍歴、水素水から酸素水、宝石水へ


-



 藤原さんは自身のブログ水素水を紹介するのはもちろん、自身が運営する「紀香バディ!コム」で水素水関連商品を販売したり、片岡さんとの結婚式での引き出物に、当時藤原さんが愛用していた水素発生器を用意したりと、そのハマりようはかなりのものだったようです。



マーメイド水素バブルバス 楽天での販売価格3.078円 (税込)(画像:「紀香バディ!コム」販売ページより)



 しかし2017年6月、藤原さんのブログに多くのファンが驚きました。なんとそこには、「最近愛飲している」「ものすごく元気になる」というコメントともに、“酸素水”という新しい水が紹介されていたのです。


 多くのファンからは「水素水はやめたの?」と質問があったようですが、その頃には、“お風呂場で水素を発生させその日の疲れをとる”という新たなステージに突入していたようです。


 ちなみに、最近のブログで紹介された紀香さんの宝石水ボトルの中に注がれた水は、当然酸素水だそう。


 ――水素水、酸素水、そして宝石水。この様子に、ネットでは紀香さんを「水芸人」と命名する人もあらわれたよう。紀香さんのように一つのことを徹底的にこだわることこそが、もしかしたら美容健康への一番の近道なのかもしれません。今後もブログタイトルのように「気愛と喜愛で♪ノリノリノリカ」で人生を乗り切ってほしいですね。


<文/A4studio



(画像:藤原紀香公式ブログより)