俳優のアーノルド・シュワルツェネッガー南アフリカイベントに参加中、会場に来ていた男性にいきなりドロップキックを食らう事件が起きた。男性はその場ですぐに取り押さえられたが、すごいのは御年71歳のアーノルドだ。背中にドロップキックを受けても少しヨロヨロしただけで倒れることもなく、その後、「人波にもまれたのかと思った」とツイートし、心配する必要はないとファンを安心させた。

【写真】名実ともに大物「アーノルド・シュワルツェネッガー」フォトギャラリー

 Todayによると、アーノルドは現地時間18日、南アフリカスポーツイベントに参加中、走り寄ってきた身元不明の男性から背中にドロップキックを受けたという。会場にいた人が撮影した動画を見ると、アーノルドはかなりの跳び蹴りを食らっている。だが、ヨロヨロしながら目の前にいた人々の中に突っ込んだものの、しっかり足が地に着いていて「何事か」という表情を浮かべ振り返っている。

 アーノルドは騒動について、「みんなの気遣いに感謝する。でも何も心配はいらないよ。人波にもまれただけかと思ったんだ。よくあることだしね。みんなと同じように動画を見て初めて、自分が蹴られたことを知った。あのバカ者が僕のスナップチャットを邪魔しなくてよかったよ」とツイートした。

 アーノルドは有名になりたくて騒ぎを起こすような人の動画ではなく、自身の団体が主催したスポーツイベントの動画を拡散することを呼びかけている。その後、「最新情報の更新:多くの人に尋ねられたが、告発はしない」とツイート。男性が今回の一件で目を覚まし、まっとうな人生を送ることを願った。

跳び蹴りを食らってもへっちゃらなアーノルド・シュワルツェネッガー(C)AFLO