自身で自分の作品の衣装を作ることでおなじみの片岡沙耶ランジェリーカードを発売。4月27日に行なわれたイベントで、着用したランジェリーの着心地を語った。

この記事の全ての写真はこちら

 2作目のトレーディンカードになりました。今年の2月に表参道スタジオで撮りました。前回のトレーディンカードポップだったり、さわやかだったりするイメージだったんですけど、今回はイタリアランジェリーを使って、セクシーに大人っぽいのがテーマです。

 お気に入りのカードは、バンダイさんの「バンコレ!」から発売している、私、片岡沙耶がプロデュースしたルームウェアなんですけど、約2年くらい打ち合わせに打ち合わせを重ねてやっと作り上げた商品になってまして、それを今回のトレーディンカードにも混ぜていただきました。

 トレーディンカードに収録されてるのが白で、いま私が着てるのが黒です。天使と悪魔ってコンセプトになってて、後ろを向いてみると、羽っぽくなってるのが分かりますか? 羽をイメージして、かわいらしくそこにこだわってデザインしました。

 今回のトレーディンカードはやっぱりランジェリーがすごくいいので、どのカットも、とても素敵に(語気強めて)、ほんとに素敵に(さらに語気強めて)、撮っていただいたし、メイクさんとかカメラマンさんも自分の信頼してる方にお願いして、衣装も私の好きなランジェリーのお店にご協力いただいて作った作品なので、ほんとにどのランジェリーも素敵です。水着は一切ないです今回は。全部ランジェリーです。今回は全部素敵に撮っていただきました、ありがたいことに。

 トレーディンカードって毎回すごいたくさん、カードだったりに向かってチューをするんですけど、今回700回くらいチューしました、紙に向かって。

 今回はまずすぐにリップを塗ったのと、やる前にもしっかり保湿していったので、紙に水分を取られることはなかったですね。ほんと大変です、あの作業って。無心になって「チュッ」って。

 衣装を切ったカードも今回ありまして、すごくいいランジェリーなんですけど、粉々に切り刻まれてレアカードとして入っております。透けてはいないんですけど、水着よりもレースの透け感だったり、自分の中で水着よりも緊張感はありました。「あ、ランジェリーだ」って。

 ほんとにランジェリーが切り刻まれたのがもったいないです。ほんとにいいものなんです。着てる感じもほんとになじむので、着てても楽しかったし、撮影しても。六本木にあるお店で一個ずつ試着して、自分に合うもの、今回のテーマに合ったものを一個一個セレクトして、今回は作らせていただきました。全部で(プロデュースのも含めて)8ポーズあります。全部選びました。高いものだと上下で5~6万とか。すごく気持ちよく着られましたし、シルエットだったりおっぱいの見え方だったりとかがすごくきれいに見えるので、選んでよかったなって思いました。

 平成にやり残したことがひとつありまして。私がすごく欲しかった工業用の刺繍のミシンってものがありまして、ほんとは平成中にクラウドファンディングをして、その資金でミシンを買いたかったんですよ。でもそれがいろんな舞台だったり、お仕事とかだったりの関係で果たせなかったんです。だがしかし、令和になってクラウドファンディングを始めようと思ってます。いまのところ考えてるリターンっていうのがいくつかありまして、私が一から十まで作ったパンツリターンにしようかなって思っております。

 ミシンそのもの自体だと120万円くらいするのかな。で、アタッチメントだったりとかその他もろもろも全部欲しいので、まあ200万円くらい集まれば万々歳かなって感じですかね。


PROFILE

片岡沙耶(かたおかさや)

1993年7月18日生まれ、神奈川県出身。

T154・B90W60H86

趣味/服作り、ランジェリーデザインアニメ鑑賞、漫画

特技/チアリーディング、服作り、書道

片岡沙耶