5月20日23時半頃、ZOZOの前澤友作社長が『Twitter』にて

「前澤、月旅行キャンセル」との報道。事実無根。何でも言ったもん書いたもん勝ちのこのメディア報道の現状、これで本当にいいの?どれだけの関係者が月旅行に想いを馳せ、努力と工夫を続けているか。自分以外の他者のことをもっと想像して書いて欲しい。

ツイートを行った。

同日夕方に、『東スポWeb』に「ZOZO前澤社長 所有絵画売却の次は『月旅行キャンセル』」という記事が掲載され『Yahoo!ニュース』等にも配信される。記事には

こうなると、いよいよ危ういのが昨年9月にブチ上げた月旅行計画だ。一部報道では費用は100億円に上るとされるが、市場関係者は「前払いしている費用もあると思いますが、月に行っている余裕なんてありませんよ。株主も納得しないのでは。(月旅行は)キャンセルするしかないと思います」と推察する。

との記述があった。

翌21日の15時前に、前澤社長は

東スポさんには記事見出しの訂正依頼をお願いしておきました。記事の内容まで読めば、市場関係者?の推測を元にした記事だと分かるけど、忙しくてタイトルしか見ない人とか、ニュースアプリタイトルだけ通知される人もたくさんいるから事実誤認されて困ります。月旅行の準備は着々と進んでますよ!

ツイートを行う。東スポの記事は

ZOZO前澤社長 所有絵画売却で囁かれる“資金繰り”
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/1399887/

という見出しに変更されていた。
前澤社長のツイートには

「がんばってね」
「頑張ってください!」

といった励ましの返信が多数寄せられていたようだ。

※画像は『Twitter』より

―― やわらかニュースサイトガジェット通信(GetNews)』
ZOZO前澤社長 月旅行キャンセル報道を否定し東スポに記事見出しの訂正を依頼したとツイート