2019年5月22日(水)から5月24日(金)までパシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー2019」の 392番ブースにて、自動運転車両のデザイン・設計から製造までを手がけた事例を出展します。

本ブースでは、弊社がこれまでデザイン、設計、製造をご支援した自動運転車両「Milee」「Postee」「Logiee」などの事例をご紹介致します。
コンセプトレベルデザイン作成、納期短縮、製造コストダウンなど、ものづくりの幅広い工程において総合的に弊社がサポートを行った実績をもとに、お客様の抱えている様々なお悩みを解決します。

さらに、カブクの海外協力工場の中から厳選し、主にヨーロッパにおいて実製品の製造も行っているドイツの老舗金属3Dプリンター工場から、最新海外事例も紹介いたします。

日本初公開金属3Dプリンター展示物
・金属3Dプリンターで造形した二輪車用燃料タンク
プレスや溶接で製造される従来の燃料タンクとは異なり、3Dプリンターで一体造形。
内部は車体の制動、回頭時の燃料動揺を防ぐために、タンク内部に構造体を設置。

燃料タンク
燃料タンク内部

・その他ドイツ提携工場からの事例展示
チタン素材で部品を3Dプリント製造することでアルミ切削部品を切り替え。チタン部品により耐久性が向上
し設備の故障率を低減
3Dプリンターで効率の良い冷却水管をもつ金型部品を製造
3Dプリンターで機械部品を中空形状にすることで軽量化を実現。駆動モーターの小型化に寄与し機械全体で
省エネ化を達成
※全て実際の金属3Dプリントサンプル品をご覧いただけます。

3Dプリント品の設計の勘所や用途、品質、納期、価格など、お客様の要件にあった提案を致しますので、低価格・高品質な3Dプリントにご興味のある方も、ぜひ弊社のブースへお立ち寄り下さい。

出展情報
開催日程:5月22日(水)~24日(金)10:00 ~ 18:00 (24日は17:00迄)
開催場所:パシフィコ横浜
アクセス情報:https://expo.jsae.or.jp/access/
弊社ブース位置: 392
出展内容:
・弊社がデザインから製造までを手がけた自動運転車「Milee」「Postee」「Logiee」の事例
・金属・CFRPの3Dプリント品

株式会社カブクについて
カブクは、デジタルものづくり技術をコアテクノロジーとした、 ものづくりとデザインソフトウェアを融合したプロダクト・サービス開発を行っています。試作・特注品・量産のオンデマンド受託製造サービスデジタル工場向け基幹業務クラウドサービスデジタルものづくりマーケットプレイスなどを運用、産官学連携による先端技術研究等に携わっています。これまで、トヨタホンダオリンパスマイクロソフトスクウェア・エニックスロフトフジテレビTBS、電通、博報堂、日本通運、ローランド・ベルガーとの協業実績があります。

会社概要
【社 名】 :株式会社カブク(Kabuku Inc.)
【所在地】 :東京都新宿区
URL】 : https://www.kabuku.co.jp
【代表者】 :足立 昌彦
【設立年月】:2013年1月
【事業内容】:
・試作・特注品・量産のオンデマンド受託製造サービス事業
デジタル工場向け基幹業務クラウドサービス事業
デジタルものづくりマーケットプレイ

配信元企業:株式会社カブク

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ