母国でのイベントに出席 イギリスで「韓国との違いを学んだ」

 韓国サッカー界のレジェンドである元韓国代表MFパク・チソン氏が20日、京畿道水原市にある水原法院総合庁舎で行われたトークイベントに出席し、2014年に現役を引退してからの生活ぶりなどさまざまな質問に答えた。韓国の経済紙「アジュ経済」が報じている。

 05年から12年までイングランドの名門マンチェスター・ユナイテッドプレーしたパク・チソン氏は、07-08シーズンUEFAチャンピオンズリーグ(CL)制覇を経験。今季の同大会では韓国代表FWソン・フンミンが所属するトットナムが決勝進出を果たし、母国ではパク・チソン氏以来のCL制覇に期待が高まっている。6月1日に行われるリバプールとの決勝に向けて展望を問われた同氏は、「戦力ではリバプールが上だと思うが、トットナムに優勝してほしい。(ソン・)フンミンがプレーしているから」と、欧州で輝きを放つ後輩の活躍に期待を寄せていた。

 続いて、韓国代表のワールドカップ(W杯)優勝の可能性について聞かれると、「我々もいつかW杯で優勝できるかもしれないが、奇跡が起こらない限り難しいと思う。W杯で優勝する他の国と同じレベルに到達することができれば、一抹の希望が生まれるだろう」と語った。

 また、総合ニュースサイトNEWSIS」は、トークイベントで語られたパク・チソン氏の現在の生活についても触れている。

 現在、家族とイギリスで生活しているパク・チソン氏は、「さまざまなクラブを回りながら、欧州ではどのように選手を育成しているのかを見て、韓国との違いを学んだ。韓国の状況と比較して、どのようにすればいいかを考えている。早く発展する欧州と、そのスピードに追いつけない韓国の現実がとてももどかしかった」と、母国サッカーと欧州との成長スピードの違いを肌で実感していた。

ジョンファン先輩のように、上手くやっていく自信がない」

 さらに昨年のロシアW杯ではテレビ解説者を務め、韓国国民の前に登場したパク・チソン氏だが、今後の活動について聞かれると、「私は有名になりたくない。徐々に忘れられていく状況を楽しんでいる。しかし、韓国サッカーを良い方向に導くための影響力を与えられる、と心配してくれる方も多く、とても悩んでいる」と語っている。

 そして「どのような形で私が多くの人たちの前で、定期的に姿を見せられるのか、そうした悩みがたくさんある。テレビ出演は実際、とても難しい。(アン・)ジョンファン先輩のように、(解説などを)上手くやっていく自信がない」と率直な心境を語っており、韓国サッカーにどのような形で貢献していくのかを今も考えている最中だという。

 何かと今後の活動や発言が話題になるパク・チソン氏だが、今後サッカー界にどのような形で関わっていくのか注目が集まる。(金 明昱 / Myung-wook Kim)

元韓国代表MFパク・チソン氏【写真:Getty Images】