勝ち点7で並ぶ北京と直接対決 直近のリーグ戦で温存した興梠らが先発に復帰

 浦和レッズにとって今季最初の“決勝戦”とも言えるAFCチャンピオンズリーグACLグループステージ最終節、ホームに北京国安(中国)を迎えた一戦のスターティングメンバーが発表された。

 浦和の属するグループGは、全北現代(韓国)がすでに勝ち点12で1位通過、ブリーラム・ユナイテッド(タイ)が勝ち点3での4位敗退が決まっている。そして、勝ち点7で並ぶ浦和と北京が2位の座を争う構図だ。

 この試合に勝ったチームが突破を決める。引き分けた場合は勝ち点が8で並ぶため、直接対決の結果で比較される。初戦は北京のホームで0-0の引き分けだったため、この日も0-0で引き分ければグループ全体での得失点差で優位に立つ浦和が2位となるが、1-1以上の引き分けだとアウェーゴール数の差で北京が逆転する。

 直近のリーグ戦になった17日のJ1第12節、湘南ベルマーレ戦(2-3)で大幅なターンオーバーを敢行した浦和は、そこで温存したメンバーが一気にこの北京戦のスタメンに戻った。GK西川周作を最後方に、DF鈴木大輔、DFマウリシオ、DF槙野智章の3バック。中盤はMF青木拓矢をアンカーに、インサイドハーフはMFエヴェルトンと主将のMF柏木陽介。右にMF森脇良太、左にMF山中亮輔が入り、2トップはFW興梠慎三とFW武藤雄樹が入ると見られる。

 一方の北京は強力外国人トリオであるブラジル代表MFレナト・アウグスト、元スペイン代表MFホナタン・ビエラ、コンゴ代表FWセドリック・バカンブがすべてスタメン出場。埼玉スタジアムを舞台に決勝トーナメント進出を目指すゲームは、文字通りの決戦となりそうだ。

 浦和のメンバーは以下の通り。

▼スタメン

GK
西川周作

DF
鈴木大輔
マウリシオ
槙野智章

MF
森脇良太
ヴェルトン
青木拓矢
柏木陽介
山中亮輔

FW
武藤雄樹
興梠慎三

▼控えメンバー

GK
福島春樹

DF
宇賀神友弥
岩波拓也

MF
長澤和輝
汰木康也
柴戸 海

FW
ファブリシオ(Football ZONE web編集部)

ACL最終節・北京国安戦のスタメン発表!【写真:Getty Images】