色ボトム流行りの今季。主流はスカートだけど、パンツも負けじとテンション上がる色物がどしどし登場してます!色がのっかるだけでキマりやすくなるので、着こなしも意外と簡単♡敬遠してた人も、この春は避けて通れません!ここでは、数あるキレイ色パンツの中から、手に取るべき色を総ざらいします!

【詳細】他の写真はこちら


キレイ色パンツ、手に取るべき色を総ざらい!
「どの色をはけば?」という疑問に答えるべく、多彩なカラーパレットの中から、絶対使えるものをピックアップ


取り入れやすいのは、パステルカラー
失敗したくないなら、なじみのある薄色からトライするのがベター。特に簡単で今っぽいのは、ベビーピンクと淡いイエロー


■自動的に甘さを抑えられるし、とにかく春らしくてアゲ!
タックパンツ¥23,000/ルシェルブルー(ルシェルブルー カスタマーサービス) ペプラムブラウス[6月中旬発売]¥8,500/CELFORD イヤリング¥18,500セシル・エ・ジャンヌ バングル¥6,500/JUICY ROCK バッグ¥46,000/アニタ ビラルディ(ジネス ペリエ千葉店) パンプス¥13,000/ノエラ(ヒロタ)

ペプラムブラウスでも、甘すぎないTシャツ型でパンツテンションを合わせて。


■渋いカーキ合わせでフレンドリーイエローを大人に!
ワイドパンツ¥8,800/ミラ オーウェン ノースリーブニット¥12,000/ルーニィ バッグ¥12,000/ダブルスタンダードクロージングフィルム) チェックパンプス¥13,500ダイアナ(ダイアナ 銀座本店)

甘くなりがちなパステルにあえて渋色をぶつけて。グッと大人になるし、パンツクールな雰囲気にもマッチします。


みんなが気になってるのはパープル
こぞって「はきたい!」願望のあるパープル系は、ラベンダーから濃いめまで選択肢は豊富。色自体が旬だから、一層今ドキ感がUPします。


リゾートな抜け感でナチュラルに仕上げると素敵見え
ワイドパンツ¥14,000/LAGUNAMOON(LAGUNAMOON ルミネ新宿) ニット¥8,900/マイストラーダ 帽子¥3,300/AG バイ アクアガール ピアス¥2,300/アネモネ(サンポークエイト) バングル¥5,200/JUICY ROCK バッグ¥7,800/a-jolie(S.I.M) サンダル¥25,000/ペリーサニー(デミルクビームス 新宿)

キメすぎると古見えしがちな色なので、抜け感が大事!リゾート小物でエフォートレスにすれば、黒合わせでも軽やか。


デートOKなのは美人感のある白!
カラーパンツは今っぽさは間違いないけど、正直メンズウケは最悪・・・。唯一許されるのは、美人感があってキレイめな白の細身パンツ


■細身のアンクル丈でコーデも盛りすぎず正統派美人に
テーパードパンツ¥1,990/GU ニット¥3,900/LAKOLE(アダストリア) イヤリング¥1,800/スリーフォータイムジオン商事) スカーフ¥11,000/マニプリ(アルアバイル) バッグ¥32,000/イアクッチ(デミルクビームス 新宿) パンプス¥13,500ダイアナ(ダイアナ 銀座本店)

シンプルな寒色トップスでちょい盛りするぐらいがいい塩梅。


ヴィヴィッドカラーをはけば即今っぽい♡
オシャレに攻めるなら、濃いめのカラーでキマリ!色のインパクトが強い分、コーデはシンプルでOKだから、じつは簡単なんです。


ロイヤルブルーの品と端正な着こなしで派手さにブレーキ
タックパンツ¥18,000/Stola. ジャケット¥27,000/ザ ヴァージニア(ザ ヴァージニア ルミネ有楽町店) ロゴTシャツ¥7,800/ロマンス(スピック&スパン ルミネ有楽町店) イヤリング¥590/GU バングル¥2,759/3rd Spring バッグ¥5,900/アネモネ(サンポークエイト) パンプス¥14,500ダイアナ(ダイアナ 銀座本店)

鮮やかなロイヤルブルーは、キャッチーだけどエレガントで大人にぴったり。


寒色パステルなら、通勤もいける!
オフィスで浮かれて見えずなじむのは、やっぱり寒色の淡トーン。地味になりがちな通勤着に爽やかな清潔感と愛嬌を添えてくれます!


■新鮮な優しげ配色がバリキャリ感を和らげて女らしく
タックパンツ¥17,000/ルーニィ ストライプ柄シャツ¥16,000/ドレスレイブ(ジオン商事) ピアス¥2,100/アネモネ(サンポークエイト) めがね¥6,000/JINS 時計¥20,000/Jouete バッグ¥14,800/サマンサベガ(サマンサベガセレブリティ 新宿ミロード店) パンプス¥2,490/GU

色×柄の盛り感も淡トーンだから悪目立ちせずお咎めナシ!ベージュのストライプで優しげに。


今季はカラーパンツに注目してみて!
春夏も引き続きキレイ色ブームが続いている中、スカートは当たり前になってきているので、ボトムで色を取り入れるならパンツの方がダンゼン新鮮!とは言っても面積が大きい&着慣れない分挑戦しづらいアイテムなので、まずはここでピックアップしたカラーを押さえてみて。

撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE)[人物]、石澤義人[静物] ヘアメイク/AYA(ラ・ドンナ)[愛甲分]、森川誠(PEACE MONKEY)[鹿沼分] スタイリング/井関かおり モデル/愛甲千笑美、鹿沼憂妃 一部文/今川真耶
(andGIRL

キレイ色パンツの選び&着こなし方まとめ♡絶対使えるカラーパンツ厳選スタイル6選