メンズフェスin大阪」(5月19日)に出演した若手モデル2人が、ファンからもらったプレゼントを蹴飛ばし、ファンを「ブス」と誹謗する動画が炎上。イベントの運営サイドモデル当人が謝罪する事態となっている。

このモデルは、小山開と石丸晴久の2人。イベントが行われた会場の楽屋で撮影された動画は、小山のInstagramのプライベートアカウントストーリーに投稿されたものと見られるが、その後、TikTokやYouTubeTwitterなどで拡散し、大きな騒動となった。

動画の内容は、撮影者である小山が「今日も、ファンをカモにしました」と言いながら、床に置かれた複数のプレゼントが入った袋を映していると、石丸が笑いながらプレゼントを蹴り、踏みつけるという暴挙に。そして小山が「オレに、きょうあいつらいくら貢いだと思う?」「10万」「ブスやし」などと語っている――という、ファンにとっては耳を塞ぎたくなるような内容だ。

この動画は瞬く間にネットで拡散され、炎上状態に。Twitterなどネットでは「人間のクズ」「ちょっと酷すぎませんかね」「こういう人ばかりじゃないと信じたい……」「ファンを金づるとしか見てない典型」など、厳しい声が飛び交った。

こうした事態を受け、イベントの運営サイドは公式Twitterで「この度、5月19日開催のメンズフェスin大阪の楽屋で撮影された不適切な動画に関しまして、メンズフェス事務局としましては、動画に関わっておりました『石丸晴久』『小山開』の今後一切の出演を禁止させていただきます。今回の件に関しまして、不快な思いをされた皆様にはお詫び申し上げます」と、謝罪と両名の“出禁”を発表。

また、小山はTwitterで「ファンの皆さまの応援があって日々活動出来ているにも関わらず、その想いを踏みにじるような行為をしてしまったこと大変反省しております。常識としてやっていい事か悪い事かの判断はその場で出来たはずなのにその場の勢いで考えもなくやってしまた事は人として最低です」、石丸もTwitterで「常識としてやってはいけない事、モデルとしてではなく人として凄く反省しています」「皆様と話した時間。凄く幸せでした。話した時に伝えた気持ちに嘘はありません。自分の行動に凄く後悔し、反省しています」など、謝罪と反省の弁を並べている。