アラベスは21日、新監督にアシエル・ガリターノ氏が就任することを発表した。

 現在49歳のガリターノ氏はセグンダ・ディビシオンB(リーガ・エスパニョーラ3部)のアリカンテで監督キャリアをスタート2013-14シーズン開幕前に当時セグンダ・ディビシオンBだったレガネスの監督に就任すると、同シーズンチームをセグンダ・ディビシオンリーガ・エスパニョーラ2部)昇格に導く。2015-16シーズンにはクラブ史上初となるリーガ・エスパニョーラ昇格を成し遂げた。今シーズン開幕前にレアル・ソシエダの指揮官に就任するも、序盤戦からチームは低迷。昨年12月に監督の座を退いていた。

 アラベスは20日、アベラルドフェルナンデス・アントゥーニャ監督の退任を発表。スペイン紙『マルカ』の報道によると、同監督はキケ・セティエン監督の退任が決まっているベティスの新指揮官候補として名前が挙げられている。今シーズン途中からアラベスに加入していた乾と、今度はベティスで再会することになるかもしれない。

アラベスの新監督に就任したアシエル・ガリターノ氏 [写真]=Getty Images