家族向けのクルマ=ミニバンなのは確かだが、ここ数年で増えているのが3列目シートを備えたSUVだ。今回はその中から「マツダ・CX-8」に試乗した。東京〜名古屋の往復で得た確かな手応えとは? TEXT●今 総一郎(KON Soichiro

「最近、ミニバンが欲しいんだけど、どう?」

 久しぶりに再会した大学時代の友人が発した言葉に、一瞬だが確実に、ボクは反応が遅れた。

 それまでお互い良い気分でお酒を飲み交わしていたのだが、その不意打ちに酔いが覚めてしまった。

「近々、結婚するの?」と聞いても、友人は「いや、そんな予定はないよ」と答えた。

 ますます分からないが、ともかく、何かしらのアドバイスをせねば。

「確かにミニバンには良いところが沢山ある。例えば、アルファードヴェルファイアの乗り心地は格別だし、セレナe-POWER電気自動車さながらの先進性、ステップワゴンの“わくわくゲート”の使いやすさ、小柄なボディから想像できないほど多機能なシエンタフリードなども見事だ。ユーザーのニーズを的確に汲み取り、それをカタチにする。日本人らしいきめ細やかな気遣いがミニバンの美点だ」

 ボクは続けた。

「けれども、いいかい? 乗り降りしやすいスライドドアも、快適な2列目シートも、大量のカップホルダーも、独身男にはオーバースペックだ。心を抉り、孤独と焦りで発狂することになるだろう。それよりもマツダのCX-8はどうだい?」

 夢のような10連休の直前に取材で名古屋へ行くことになったのだが、移動手段は新幹線ではなくクルマだった。片道だけで約300km、時間にして約4時間。スタッフと荷物を含めると社用車のミニバンが候補に挙がったが、あいにく先約があり、別のクルマを手配しなければならなかった。スペースだけでなく、快適性や燃費、さらに「全車速追従機能付きのクルーズコントロール」も付いていればなお良し。そんな条件で検討したところ、CX-8が良さげだった。

h2人だけでなく、荷物も載せられる空間を確保

 多くのミニバンでは3列目シートを使っていると、荷室の奥行きは30cmもないほど狭く、背もたれの傾斜もあり、手持ちのリュックが置けるかも怪しい。しかし、CX-8は3列目を使っていても荷室の奥行きは約50cmはある。3列目を倒せば大人4名(7人乗りの場合は5名)+旅行用の荷物が収まるほどの容量がある。それに荷室の床下には深さ307mmの収納も用意されている。

h2120km/hでの巡行も涼しい顔でこなすディーゼル
h2長距離乗っていても疲れないシート

 快適性はもちろん、G-ベクタリングコントロールプラスによる車両制御がもたらす手の内に収まる操作感、そして東京〜名古屋の往復(+α)で約770kmを走っても燃料はまだ1/4も残っていた(燃費は満タン法で14.9km/L)。見た目も華やかだ。乗れば乗るほどに自分の選択は間違っていないという手応えを感じた。