ワシントン 21日 ロイター] - トランプ大統領の財務情報の開示を求めた議会の召喚状を巡る訴訟で、ワシントン連邦地裁が議会を支持する判断を下したことを受け、トランプ氏側の弁護団は21日、連邦控訴裁判所に上訴した。

弁護団は議会の要求が憲法上の制限を越えていると主張。トランプ氏が利用してきた会計事務所マザーは、法的義務を順守するが、係争中はどちら側にもつかないとした。