5月19日(日)に愛知県名古屋市栄で実施された「ホココス ~南大津通歩行者天国COSPLAY~」。

「Fate/Grand Order」のスカサハ(左:りるさん)、ネロ・クラウディウス(右:くろえさん)

世界コスプレサミット2019(略称:WCS2019)」の発表会も同時に行われ、大盛り上がりとなった同イベントを取材し、撮影させてもらったコスプレイヤーの写真を、連載形式で紹介しましょう。

「ホココス」と言えば、南大津歩行者天国を貸し切っての写真撮影をはじめ、パフォーマンスステージギャザリングアニソンDJステージなども展開する、コスプレファンにはたまらない催しが満載の大型イベント

ホコ天だけでなく、付近の矢場公園や久屋大通庭園フラリエでもコスプレ撮影が可能で、各エリアを覗いてみると、「Fate/Grand Order」や「グランブルーファンタジー」「アズールレーン」「ドールズフロントライン」といった、人気ゲームヒロインに扮した美女たちが勢ぞろい!

その他にも、「涼宮ハルヒの憂鬱」や「五等分の花嫁」、さらには「ヤッターマン」など、新旧さまざまなアニメコスプレで参加するレイヤーも多く、どのエリアも終了時間ギリギリまで、撮影のための長蛇の列や囲みができていたのが印象的でした。

大盛況のうちに終了した「ホココス」に続き、同地域では7~8月にかけて「WCS2019」の開催が控えています。今年は7月27日(土)・28日(日)に東京、7月31日(水)~4日(日)に名古屋と、分割開催されることでも話題を集めていますが、こちらの記事でコスプレに興味を持たれた方は、是非「WCS2019」にも足を運び、その熱気を直に体験してみてはいかがでしょう。(WebNewtype・取材・文=ソムタム田井)

オリジナル衣装でホココスに参加した、ばーそろみゅー・ににゃさん