[国連 21日 ロイター] - 北朝鮮の金星国連大使は21日、異例の記者会見を開き、米国に自国籍貨物船の即時返還を求めた。米国が自国主権を侵害したとし、両国間の「今後の進展」に影響が生じる恐れがあると警告した。

米司法省は9日、北朝鮮から不正に石炭を輸出し米国や国連の制裁に違反したとして、北朝鮮籍の貨物船「ワイズ・オネスト号」を差し押さえたと発表した。

船舶差し押さえについて金大使は、米朝首脳声明の精神を否定する行為との認識を示した。

「米国は、自らの無礼な行いが招き得る将来の進展への影響を熟考すべきだ」と述べ、米国の一挙手一投足を注視する方針を示した。

北朝鮮は国連のグテレス事務総長に書簡を送り、「違法な」差し押さえに対して緊急措置を講じるよう求めている。国連報道官は21日、書簡を受け取ったとし、「制裁に関する問題や履行、解釈は、国連安保理が決め、協議する内容」との認識を示した。

 5月21日、北朝鮮の金星国連大使は異例の記者会見を開き、米国に自国籍貨物船の即時返還を求めた(2019年 ロイター/BRENDAN MCDERMID)